2018-08-03

水戸の外れにぴったりなカントリースタイル 家事動線を助ける家

現場に行くと、デザイナーや監督たちの、苦労しながらも、ものづくりそのものを楽しんでいる様子が、手に取るようにわかります。最近は少々距離をおいている自分としては、ムズムズとした複雑な心境になります…w

最近は自分ごとが多かったので、今日は現場の話題です!

 

おはようございます!

 

畑や緑豊かなここは水戸市。将来は畑に囲まれた生活をしたいと思っている僕にとっては、羨ましい場所です。

そこで建築中のKさま邸。

 

イエローチェアハウス らしい外観です。

フロントアンドバックそのものの立地で、別のときに詳しく話したいですが、庭づくりしやすい配置。

 

ここは北側の前面道路から写しています。

今は漆喰塗りの真っ最中です!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの動画を参考に↓↓↓

漆喰外壁の作り方 その1

漆喰外壁の作り方 その2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらく外回りを見ていましたが、特に異常なし!

 

中に入ってみると、やはり漆喰を塗るための下地処理中。ボードの継ぎ目を消すパテ処理は、とても大事な作業です。

階段前のアーチと、キッチン脇のアンティーク調にしつらえた柱がイエローチェアハウス らしい!

なかなかいい空間じゃないか!!

 

そして南側から見た外観。

前にも家が建つ予定なので、少しクローズドな庭ができます。

それは大きな利点です。

なにが利点かと言うと、、

 

ここは洗面室ですが、洗面台の横にバスの入口がありますね。

 

バスの入口側から写真を撮ると、そこには大きなはきだし!

???

南側が外からクローズな視界であれば、洗濯の動線をシンプルにしやすい、というわけ。

 

きっと生活が始まるとこの間取りが大活躍してくれるはずです。

こちらの動画も参考に↓↓↓

 

間取りや家づくりの参考になれば幸いです!

最近動画づくりをサボってましたが、近々再開します。お楽しみに。(え?そうでもない??笑)

 

 

そしてこちらは、水戸市平須町。家が立ち並ぶ場所。

 

新デザイン “ハムステッドB.I.I.D” が、ついにベールを脱ぎます!

B.I.I.D=ブリティッシュ・インダストリアル・インテリア・デザイン

素材はレンガと木と鉄を強烈に意識する。この組み合わせは特徴的なデザインを生みます。

イエローチェアハウス の新しくもレトロモダンな世界観を表現していきます。

完成が楽しみです!