My Mission

新築のラストスパート 無垢のフローリングや木の良さを活かす自然塗料 

普段、テレビをあまり見ない僕ですが、2歳のよっちゃん、助かりましたね!

悪者のニュースが多い中で、#おばたのおじいさん のような方が現れると、胸がスッとします。

現代のヒーローは、78歳!ほんとうにパワフルで驚きました。

僕は、少々こしが痛い51歳。まだまだ若造なのに!笑

人生のラストスパートは、おばたさんのようにありたい。

 

おはようございます!

 

Kさま邸も、ラストスパートに入りました。

現場をのぞきに行くと、青々していた隣のサツマイモ畑は、収穫の作業中でした。

しばらく眺めていたんですが、大きな機械で一気にやるんですね。

南側の屋根には太陽光パネルがのり、雨樋もついていよいよ足場も解体です。

 

 

中に入ると、とってを付ける作業と、塗装の作業中でした。

カネコさんが、自然塗料を塗っているのは、階段の手すり。

 

塗料は、ドイツのリボス社のカルデットを使っています。

生乾きのときは独特な臭いがありますが、1週間もすれば無臭です。

木の本来の香りが出てきます。

 

クリック↓

リボス自然塗料とは

 

木の香りと言えば、先日、イエローチェアハウス の板塀の改修で驚いたことがあります。

屋外の雨ざらしで10年以上経った古いヒノキが、切るとまた香りがよみがえるんです。

「カンナかければ、まだまだ使えますよね」とは、棟梁の弁。

もしかすると関係性は薄いかもしれませんが、ここで使用していた塗料も自然塗料でした。

やはり塗料は、無垢材を活かす塗料がいいと直感的に実感!

 

イエローチェアハウス は棚板が多く、中に入ったときは、ちょうどたくさんの棚板が塗りあがったところでした。

 

塗りあがった棚は、このような収納にはめるというわけ。

左側に見える2本のレールのようなものは、棚受けです。

受け金具をさして、好きな位置に棚が置けます。

 

まだ塗ったばかりなので、ツヤがありますが、乾燥するとマットな仕上がりになります。

ツヤを出した方が、高級感は出ます。ですが、あえて僕たちはしません。

自然の光沢を待つというか経年を楽しむ、というのが僕たちの考え。

床のフローリングにも、同じ塗料を使っています。

 

画像がよくありませんが、後は照明の取り付けを待つばかり!

 

今日もよい1日を  


--------------------------------------------


後悔したくない!これは知っておきたい 家づくりの知恵” を業界のすべてを知るベテランが伝授!  
時間:約60分 火曜日をのぞく毎日10:00~18:00の間(予約制)
お申し込み:資料請求フォームの備考欄に『お家づくりガイダンス予約』とご記入ください。もしくは029-292-0051にお電話を!
*そのときに営業はいたしませんので、ご安心ください。
 
-*-*資料請求・お問い合わせはこちら*-*-
イエローチェアハウス 株式会社住建
〒311-3112 茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com
http://www.yellowchairhouse.jp
資料請求
2018-08-17 | Posted in My MissionNo Comments » 
Comment





Comment