2018-10-12

茨城の工務店が作る平屋とは!?畑の中の上棟式でした!

昨日は僕たちにとっても、地鎮祭、お引渡し同様に、記念の一日でした。

そして今回も、なかなか楽しみな家づくりのスタートです!

構造や、僕たちが使う柱についても、その特徴を改めて少々…

 

おはようございます!

 

景色が素敵すぎるこの場所に、、

上棟しました!

名付けて

銀河鉄道がよる家(仮称)

おめでとうございます!Hさま!!

Facebookやインスタでも、いつも応援ありがとうございます。

 

それにしても、この野菜は、、

干し芋用のサツマイモでした。

ちょうど収穫期です。

一箱欲しいです…笑

 

ひと雨あって、上棟式が危ぶまれましたが

無事に終了しました。

屋根には登らず、中での上棟式。

雨という天候も考慮しましたが、今は簡易的にやっております。

 

Hさま

棟梁たちへの気遣い、ありがとうございます。

モチベーションも上がったことと思います!

おいっこのRくんはイギリスのジーンズ。

わかってらっしゃる。

インスタ映えするように矢印のポーズだそうです。笑

 

 

僕たちの構造は少々特徴的です。

梁が2段になっていますが、

ファイヤーストップと言われることが多いですが、間仕切り壁の気密性保持と、数値では表せませんが強い構造のために手間をかけています。

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

そしてイエローチェアハウス の構造に使う木材は、すべて協和木材株式会社さんからの直接供給です。

地元の杉です。

特徴は立木の選定から柱や梁になるまで一括管理されていて、極めて品質が均一で高いこと。

 

なんと今でも、放射線検査まで実施されています。

放射線検査は木材の基準がないことから、食品の基準を採用されています。

つまり、食べても安全な木材。食べる人はいないけど。笑

検査をする木材会社は僕が知る限り、他に存在しませんから、世界一安全な木材を使っています。

ちなみに外材(輸入木材)は、必ず薬品に使っていますからね。

もっとも安全面で言えば、そこまで気にする必要はないですが。

製品工程は、協和木材さんのホームページが分かりやすくて良いのでぜひご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

協和木材株式会社|製品までの流れ

 

 

というわけで、こちらの現場で構造見学会を実施させていただきます!

今回ご案内するのは、僕、阿部よしあきです。

事前予約制になりますが、ぜひお話を聞いていただければ幸いです。

日時が決まりましたらまた改めて、ブログで案内しますね。

イエロータイムスの届いている方には、そちらにも同封します。

 

 

最後にもう一つ宣伝。

僕が着ているウィンドウブレーカーはイエローチェアハウス オリジナル。

なんでもデザインするShou-Gの監修。よく見るとランニングシューレの文字が入っています。

そう、これは “イエロー供走会” 用に!

 

28日に水戸漫遊マラソンなんです…

例年ほど走っていないので、完走できるか心配です。

当日の応援募集!沿道で応援してくださった方にはオリジナルTシャツ差し上げます!

この目立つ帽子を被って走りますので。

髭面のきったない顔で、大変失礼しました。