My Mission

家づくりで大切なこと 人も家も一緒 健康的な暮らし 水戸

いよいよ本番なんです

練習不足ですが…

 

こんにちは。

 

こんなにも陽気の良い日曜日は、

そうそうないかもしれませんね。

 

こうなると、、

日々の育児の疲れを、少しでも癒したいお母さんの気持ちは、お父さんに向くことでしょう。

お父さん、千波湖はお手軽だし、案外いいと思うんですけどね!

 

というのも、僕は早朝より、千波湖周辺を走ってきました。

今日は風も気持ちよかったですよ!!

 

ここにきて、一生懸命トレーニングをしています。

今日は20キロを超えるランニング。

 

疲労度は70%。本番は倍だもんなぁ。

そうです、いよいよ今度の日曜日が、

水戸黄門漫遊マラソン

↑クリック

沿道での応援よろしくお願いしますね!

 

この写真は先日のもですが

普段は、このイエロー供走会のオリジナルTシャツを、だいたい着て走っています。

ランニングシューレなので

一応、ランを真面目に学ぶ会です。笑

もちろん本番もこのTシャツを着て走りますから。笑

 

そして目立つこの帽子が目印です!

重ね重ね、応援よろしくお願いします!

 

沿道でお会いできた方には、もれなく

イエロー供走会Tシャツプレゼント

 

どうか僕や、Nさま、Sさま(トップの写真のイエローOB)、Nさまを完走させてください!

 

 

ようやく自分的には盛り上がってきましたが、体幹は一朝一夕には鍛えることができません。

ですので、やはり無理せずに完走を目指します。

キロ6分30秒から50秒でいきたいと思います!

 

先日もブログで書きましたが、家も同じ。

見えなくなる構造や工法が大事です。

 

今だけしか見えませんので、構造見学会にぜひ。↓

何でも質問にお答えします!

 

構造は“3つの完”

がとても大切です。

 

それは次回…

 

床の断熱と気密 現場からレポート ひたちなか市新築

海の近くで星空がとても綺麗な場所に位置する

『銀河鉄道のよる平屋』(仮称)は、順調に工事が進んでいます。

こんにちは!

今日は床の断熱と気密の話。

イエローチェアハウス が標準的に使用している床下の断熱材は、JSPミラネクストラムダ50ミリです。

関東だけでなく東北にも対応できる素材と厚さ。十分な性能を発揮してくれます。

もちろん床だけの話しではありませんが、家全体の性能はUA値で0.6以下になります。

ですので、暖かな家、と言えるかと思います。

それに太陽光等を搭載するぐらいで、ZEHクラスの家。それが僕たちの標準仕様!

でももっと大切なのは、理論上の数字ではなく、現場の施工だと思っています。

意味がなくなる断熱欠損

例えば、性能の高い断熱材を選択したとしても、スキマだらけであればその性能は発揮できません。

木と木の間に丹念に断熱材を入れていきます。

細いスペースも、サイズに合わせて切って入れていきます。

しっかりピンをかけて、落下しないようにしています。

そしてこの上にステ張り(床材の下に引く下地材)を引いていきます。

柱の足元も、ピッタリと板が張られていることが分かると思います。

外壁側も、壁の中にのみこむように貼ってありますから、気密性が高くなることを想像いただけると思います。

最後に細かなスキマは、発泡ウレタンのスプレーで処理していきます。

いかにスキマなく、充填しそれでも空いてしまうスキマをしっかりフォローできるか。

断熱欠損対策は、これにつきるわけです。

現場はとても大切。

イエローチェアハウス が同じ仲間たちでの施工にこだわる理由にもなっています。

「良い材料、良い職人さんを大事にするイエローさんはいいですね!」と

Hさまが、現場で言ってくれていたそうです。(担当のイケメン棟梁Sさんから聞きました)

Hさま、お目が高い!笑

ネーミングも奥さまがおっしゃっている『コンサバからさつまいも畑を望む家』がよろしいでしょうか?笑笑

 

引渡し 思い出に残る一日 初めての焼き印式

先日、『これが僕らの幸福な隠れ家』の引渡しでした。

新たにあることを加えた、セレモニーも終了…

 

おはようございます!

 

お引渡し当日の朝、まだ誰もいない室内で吹抜けの上から見えるテーブルに置いてあるセットは…

いつもの記念品とシャンパンセット。

それはテーブルの上に飾れて邪魔にならない、鍋敷きです。

やっぱり手作りという。

 

ささやかなものですが、、

喜んでいただけたようです!

 

 

そして、ようやくこの日を迎えました!ということで、

完成の祝杯です。

 

日中のことで、僕たちも車ですので、もちろんシャンパン風ジュース。

お子さんたちは「おいしー、おかわり!」笑

 

 

そして新たに加えたこととは、、

それは焼印式なんです!

「どこか目立たないところでもいいので、イエローチェアハウスが造ったという❝あかし❞をお願いできますか?」

とオススメしてみました。

結果、一番目立つところを選んでくださいました。

ありがとうございます!

 

 

これからの暮らしを楽しみにされているご様子に

僕たちもすっかり嬉しくなりました!

 

↓カギを渡して、踏み入れるときの様子

I様、どうぞお幸せに!

 

 

工務店選びの要素に『式』をどうやるか、なんてことをカテゴリーに加える人は、まずいないですよね!

作り手の心持ちだけのことでしょう。

 

でもいいのです。イエローチェアハウス らしい、家づくりの思い出の1ページになれば、嬉しい。

 

 

ところで、、

先日、かおるさんからも僕に嬉しいプレゼントがありました。

ランニングシューズなんです!

onというブランドで、スイスのまだ始まって、数年のメーカー。

ヒュージャックマンが履いたことで一躍人気のシューズになったとのこと。

独特な履き心地なんです。

走った感じは、なかなかよさげ!

 

来週末はいよいよ水戸黄門漫遊マラソンです!

うーん

今からドキドキです。笑

 

僕たちイエローチェアハウスもonのようにセレブの御用達になれば、一気に大きくなれるかな…

と、言いつつもそこは全く目指しておりません。笑

 

ローカルビルダーで手作りの場合、品質を保ちながら生産量を増やすのには限界がありますからね!

 

2018-10-18 | Posted in My Favorites, My Mission, セレモニー, ランNo Comments » 

 

インダストリアルデザイン 水戸で新築のお客様に聞きました 

先日ご厚意によりオープンハウスを開催させていただいたIさまに、また感想をいただきました!

僕自身も、思いもよらぬ発見と確認ができました。

I様、誠にありがとうございました。

 

こんばんは。

 

朝から動画をまとめていますが、未だ終わらず…

今日は目がチカチカしてきたので、明日に持ち越します。笑

もうちょっとお待ちください。

 

でも、動画編集用のメモをそのまま載せます。

ですので、いつもとは感じが違いますが、読んでみてくださいね。

内容をまとめるとこんな感じです。

 

最初は展示場に行ったが、なんとなくしっくりこなかった。使っている素材であったり、営業マンの印象も、よくなかった。営業マンは売りたい気持ちが出ていた。

(プラザホテルから入った)ファミリーマートそばの看板がある白い家が可愛いなと話していて、漆喰とか、つくり自体が素敵な家だと思っていた。

 

ネットで見たときに見学会(たまたまオープンハウス開催)をやっていたので、足を運んでみた。そこでの印象がよく、自然素材、木とか漆喰が建売とは違うと思った。

 

(レトロモダンの見せられる家がなかったのに、どうしてご縁をいただけたのか?という質問に対して)

基本的に家は可愛いなと思っていたが、自分向きとは感じなかった。それで自分の好きなスタイルを伝えてみたところ、絵(手描きの立面や内観パース)を描いてくれて、それで決まった感じになった。全部まかせようと。

 

(担当はお金の面も含めて)全部任せてくれればバッチリやるから!みたいなところは、逆に不安にならなかったか?

それはむしろ助かった。選んでいいものも自分たちでは分からなかったし、(結果)素敵にできていいご縁だったと思っている。

イメージしてたものがそのまま形になってできた。凄いし、想像以上の出来栄え。

 

(長女さん)チェックの床が可愛い。

 

(すのこ状の2階廊下の床も)可愛いと思う。(すのこ状の床は敷地に合わせた工夫で、採光を取るための工夫)

 

(長男さん)自分の部屋が広くて嬉しい(収納含めて6畳)

 

(気に入っているところは?という質問に対して、寝室の間仕切り収納のことで)クローゼット側は2人のコーナーを分けて、寝室側はたくさんある本とかCDを並るのに要望通り。くつろげる場所としても音楽を聴く。趣味と実用性を兼ねた。

 

(ファミリー玄関としても大きく作ったシューズクロークについて)靴とかも家族が多く、乱れがちなので、満足している。

 

(長女さん)ヒップホップのダンスを練習するスペースが欲しくて、それができてすごいと思った。しかもおしゃれにできた。

(ダンス用の大きな鏡は)家族みんなの通り道になるので、身だしなみにもいい。奥行きも感じて広く感じるのがいい。

 

手作り感が本当にいい。本当にこんな家に住んでいいのか時間をかけてやってもらっただけに、違いを感じている。

 

参考になれば幸いです。

残り少ないですが、今日も良い一日を。

 

茨城の工務店が作る平屋とは!?畑の中の上棟式でした!

昨日は僕たちにとっても、地鎮祭、お引渡し同様に、記念の一日でした。

そして今回も、なかなか楽しみな家づくりのスタートです!

構造や、僕たちが使う柱についても、その特徴を改めて少々…

 

おはようございます!

 

景色が素敵すぎるこの場所に、、

上棟しました!

名付けて

銀河鉄道がよる家(仮称)

おめでとうございます!Hさま!!

Facebookやインスタでも、いつも応援ありがとうございます。

 

それにしても、この野菜は、、

干し芋用のサツマイモでした。

ちょうど収穫期です。

一箱欲しいです…笑

 

ひと雨あって、上棟式が危ぶまれましたが

無事に終了しました。

屋根には登らず、中での上棟式。

雨という天候も考慮しましたが、今は簡易的にやっております。

 

Hさま

棟梁たちへの気遣い、ありがとうございます。

モチベーションも上がったことと思います!

おいっこのRくんはイギリスのジーンズ。

わかってらっしゃる。

インスタ映えするように矢印のポーズだそうです。笑

 

 

僕たちの構造は少々特徴的です。

梁が2段になっていますが、

ファイヤーストップと言われることが多いですが、間仕切り壁の気密性保持と、数値では表せませんが強い構造のために手間をかけています。

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

そしてイエローチェアハウス の構造に使う木材は、すべて協和木材株式会社さんからの直接供給です。

地元の杉です。

特徴は立木の選定から柱や梁になるまで一括管理されていて、極めて品質が均一で高いこと。

 

なんと今でも、放射線検査まで実施されています。

放射線検査は木材の基準がないことから、食品の基準を採用されています。

つまり、食べても安全な木材。食べる人はいないけど。笑

検査をする木材会社は僕が知る限り、他に存在しませんから、世界一安全な木材を使っています。

ちなみに外材(輸入木材)は、必ず薬品に使っていますからね。

もっとも安全面で言えば、そこまで気にする必要はないですが。

製品工程は、協和木材さんのホームページが分かりやすくて良いのでぜひご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

協和木材株式会社|製品までの流れ

 

 

というわけで、こちらの現場で構造見学会を実施させていただきます!

今回ご案内するのは、僕、阿部よしあきです。

事前予約制になりますが、ぜひお話を聞いていただければ幸いです。

日時が決まりましたらまた改めて、ブログで案内しますね。

イエロータイムスの届いている方には、そちらにも同封します。

 

 

最後にもう一つ宣伝。

僕が着ているウィンドウブレーカーはイエローチェアハウス オリジナル。

なんでもデザインするShou-Gの監修。よく見るとランニングシューレの文字が入っています。

そう、これは “イエロー供走会” 用に!

 

28日に水戸漫遊マラソンなんです…

例年ほど走っていないので、完走できるか心配です。

当日の応援募集!沿道で応援してくださった方にはオリジナルTシャツ差し上げます!

この目立つ帽子を被って走りますので。

髭面のきったない顔で、大変失礼しました。

 

注文住宅ならでは 茨城の家づくりは楽しくなる 『棟梁の粋な計らい』

家づくりで大切にしたいことは、当然のことながらお施主さまはお持ちです。

今日は、つくり手としての心もち。

 

おはようございます!

 

いきなり本題。

棟梁の粋な計らい

「この家が栄えるように、この文字を残してみたんだ。」

と棟梁。

キッチンの袖壁に古材の板(足場板)を使いました。

加工する前は古材だけに色々な文字が入っていて、それを切り取りながら長さを揃え、取りつけていったのですが、棟梁がわざと“栄”の文字だけ残したのです。

面白いことするもんですね。

考えもつかなかった。笑

家づくりはこんな遊びゴコロもないと無機質になっていく…

 

そうだ!

引き渡しの時、“栄”の右下にイエローチェアハウス の焼印を押させてもらおうかな。

 

家づくりは楽しいものです。

それは僕たち作り手にとっても。

 

共有できたときはお互いの嬉しさが倍増!

 

 

 

また『お客様の声』を、こもって動画に編集中です。

今回は “これが僕らの幸福な隠れ家” の声。

お楽しみに!

 

 

 

明日から残り2日間完成見学会 水戸市のブリティッシュインダストリアル建築

反響が多く、とても光栄です!

ありがとうございます。

まだ内覧のチャンスもございます。ぜひお気軽にどうぞ。

 

おはようございます!

 

今日は昨日の続きで、『これが僕らの幸福な隠れ家』の全貌。

インダストリアルデザインと直線的なLDKプランを紹介します!

 

インダストリアルデザイン

特徴的な写真はこちら。

古い足場板をキッチンの袖壁に使いました。

そして本立てには、アイアンのブックガード。

新しさの中にシャビー感が同居しています。

 

とにかくアイアンが多めです。

ホールから最初に目に飛び込んで来ます。

今月から着工のFさまは

「入り口からいきなり目にするレンジフードのアイアンとガラスのカバーはカッコいいですね!」

とおっしゃっていました。

 

 

アイアンの階段の裏にはしご状の壁。

このスペースには、シャープな印象のステンレスタイプの冷蔵庫が入る予定です。

さらりとブラインドをかけているのです。

 

あえてブルーグレーで塗りつぶすあたりがShowG(イエローチェアハウス デザイナー)らしい。

柱をつつむ収まりも特徴的でカッコいい!

 

でも先週のオープンハウスにご来場の小さなお子さんが、、

「おじさんこれ何?」

「なんだと思う?」

「わかった!こうやって登るんだ!」

と登ろうとしました。笑

それもありかも…

 

 

古びたレンガも大事な要素です。

照明の両サイドにつけられたボックスは、そこからワイヤーが伸びて物干しロープになります。

 

 

 

吹抜けの上もアイアンの手すりなので、開放感と採光が得られます。

スタイルだけでなく機能性も備えています。

 

大きな鏡は、ここでダンスが大好きなお子さんが振り付けのチェックをします。

僕だったら、ゴルフとランニングフォームですね。笑

そうじゃなくてもあってもいいですよね!

毎日ここを通るわけですから、家族みんなが美しくなる!

 

 

直線的なLDK

狭めの独特な形状である敷地に合わせて、必然的にLDKが直線的に間取られています。

ですので、あえて見せるキッチンにこだわったのです。

アイアンと足場板の袖壁で、バーのような雰囲気に仕上がりました!

 

キッチンの奥にダイニング、その奥にリビング。

採光を得るために一工夫こらしています。

 

 

それは吹抜け。

大きな掃き出し窓を吹抜けの2階の南側に設置し、手前のつくりは、できるだけ妨げるものを無くしたおかげで

ほどよい明るさが得られる1階になりました!

 

ブリキの車が評判でした。

(えっ、そこ!?)

 

参考になれば幸いです。

 

明日から2日間、10/6sat・10/7san限定

オープンハウス(完成見学会)開催です。

 

今週末も水戸にてオープンハウス インダストリアルデザインのあかりと玄関ホール

オープンハウスの前半開催が終わりました。

イエローチェアハウス の新デザインであるハムステッドB.I.I.D(ブリティッシュインダストリアルインテリアデザイン)の初披露です。

 

初ということで、その評価も気になるところでしたが、、

“まさに上々”で、台風にもかかわらず、またありがたいご縁をいただきました!

 

おはようございます!

 

すでにインスタグラムではアップしていますが、今日は、会場である『これが僕らの幸福な隠れ家』の“あかり”と“玄関ホール”を紹介します。

 

あかりをまず。

“影も暗さもない世界にしない”のが僕たち流です。

 

キッチンの照明器具。

フライパンのような無骨な器具です。高さや、向きもあえて不揃いにする。

夕方以降は、とにかく雰囲気がいい!思わずキッチンに立ちたくなります。

キッチンのバックカウンターのスポット。

玄関ホールから最初に見えるところなので、アイキャッチに。

 

 

 

食事を照らす照明。

周りの明るさを抑えて、並んだ料理をクローズアップ。夕飯が楽しみ。

 

 

 

 

 

全体を見たダイニングはこのようになります。

天井の間接照明も煌々としなくていい感じ。夜を楽しめます。

 

うーん

お酒がはかどっちゃいそうな…笑

続いては、

玄関ホール

多彩な演出空間・収納が自慢!

 

玄関ホール正面は、大きなガラス戸。先ほどの生け花の一角が飛び込んで来ます。

ここだけはかっこよく頑張って維持しよう!笑

右脇の飾り棚。

下は、スリッパ入れになっています。(もっともほとんど履かなくなる可能性大)

 

もうハロウィンの季節ですし、秋の演出にしました。

一輪挿しだけでも、いいと思います。

その裏は大きなシューズクロークになっています。

 

縦に撮るとこんな感じ。

 

 

飾り棚の裏は、オープンな棚にして有効活用。

収納力アップです。

玄関ホールの左脇は、洗面コーナー。

そこからトイレやクローゼットを通って奥の浴室にもつながり、キッチンにもいける導線です。

 

ちなみに洗面台はこんな感じ。

大きくて無骨な照明器具は、インダストリアルデザインならではの選択。

 

 

 

参考になれば幸いです!

明日は、“インダストリアルデザイン”をアップします。

 

このような声をいただきました。

「どうでしたか?」

「この質感は、やっぱり実際にみないと分からなかったです。来てよかったです。」

 

中には

「阿部くん、〇〇です、分かる?」

なんと高校の同級生が来てくれました。30数年ぶりです!

(正直、最初わかりませんでした笑(内緒))

前々からFacebookで僕のことを知っていたらしく、たまたま近所での開催ということもあり、娘さんを連れて冷やかしに来てくれたのです。

これだって、相当嬉しいこと!

 

バタバタと忙しく、少々、疲れましたが今週末もがんばります!

このタイミングでしか、ご覧いただくことはできませんので、ご興味のある方はぜひご来場くださいね。

 

ご近所で評判の平屋 工務店との付き合い方を聞きました

今日も昨日に続き、Mさまのヒアリングの様子です。

おはようございます!

 

快く今回のインタビューを了承してくれたMさま。

普段通りの飾らないスタイルでお願いしました。

気さくな奥さまのお腹には待望の男の子!

Mさま、ありがとうございます!

仲の良いご様子には、僕もすっかりホノボノしました。

 

 

今人気の平屋です。

住んでみないと分からないメリットを教えてくださいました。

奥さまの第一声は「掃除がしやすい!」

そしてご主人は「家族仲良く暮らせる!」

でした。なるほどですね。

 

動画ですと、ニュアンスが分かります。

ご覧になってみてくださいね。(一番下↓)

 

イエローチェアハウス は外も中も漆喰だらけです。笑

壁の風合い、分かりますか?

 

やはり漆喰は、建てる前にはかなり気になる素材です。

自然素材ですので、新建材にはない不安もつきもの。

イエローチェアハウス では、10年以上の使用実績を踏まえ、高品質の素材と施工方法を確立しています。またアフターを充実させています。

ですので、安心のはず!

 

とはいえ、建築前に不安を解消することが大切です。

デメリットを理解することも必要です。

 

その辺りも動画の中で、これから建築をお考えの方にはヒントになるコメントをいただいています。

ぜひご参考に!

 

2018-09-27 | Posted in My Mission, お客様の声, 施工実績No Comments » 

 

お客様インタビュー 丁寧なつくりの大切さを改めて実感。

今はホームページの刷新に主な時間を割いています。

その一貫で、お客様インタビューを積極的にこなしています。

 

こんにちは!

 

今日はMさま邸です。

可愛いMちゃんが笑顔でお出迎えしてくれました!

 

玄関に入ると正面にこのような演出がされていました。

「オシャレじゃないし…」なんて、かなりのご謙遜です。

 

奥さまのお気に入りはキッチンだそうです。

特にカウンターはフロントもバックも使いやすいとのこと。

少し大きめな作りがイエローチェアハウス の特徴です。

 

バックカウンターは白で統一し、あっさりとした棚を壁に施しました。

「えっ?これでは収納が少ないかも…」と思うかもしれません。

 

隣にはパントリーがあるのです。

ちょっと見えにくいところにオープンな入り口のパントリーを作りました。

浅くても奥行きがあるので収納力抜群です。

 

一番奥の壁にはフック。

これが思いのほか、便利に活躍してくれているそうです!

 

 

ご主人からも、細かな作りが満足感に繋がっているとの話をいただけました。

家づくりのヒントが詰まっていますので、続きは動画をご覧くださいね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

進行中。オープンハウスの準備、そして…

日々、暑いですが、元気に過ごされていますか?

こちらは、仕事までも熱くなってきています 笑

こんにちは!

ブリティッシュモダンを追求していく、新デザインであるB.I.I.Dの初披露、『これが僕たちの幸せな隠れ家』が、オープンハウス1ヶ月前になりました。

現場は順調で、先日は足場が外れて、ようやくその姿がお目見え。

なかなかいい感じのエレベーションです!

新たに暮らしの演出をしつつ、皆さまをお迎えします。ですので、お楽しみに。

じつは今、あるシークレットなミッションが進行中です。言ってしまったら、シークレットになりませんか?笑

ホームページの刷新なんです!

先週の金曜日に構成やデザインが決定したところ。見にこられた方が、飽きないものにしたいと考えています。

宣言するには、まだ早いんですけど、自分のお尻をたたく意味でも!笑

ホームページの制作にあたり、思案の段階は終わりましたが、日夜、いいものにしたいと、みんなで模索中…

ご要望の多い、家具にもお応えします!こちらもお楽しみに。

そしてそして、シークレットな問題が、もう一つ、これ。

どうしよう…

もう後戻りはできない 笑

また改めて報告します!

本日もこの暑い中、2組のご家族にお越しいただきました。ありがとうございます!

 

夏の宿題 板塀の塗装 茨城町の新道沿いにて

夏休みの宿題、お子さんは進んでますか?

うちの中学生たちは、深夜遅くまでやっています…

こういうところばっかり、親に似るんですね 苦笑

こんにちは!

僕も夏の宿題が終わりました。

お盆前、ショールーム裏手の板塀をリフォームして、歩道沿いに木柵を新設しました。

それの塗装が僕の宿題だったというわけ。

まずは、裏手の板塀。

柱も板もヒノキ材。もちろん国産材です。このように木肌が見えていましたが

塗料はいつものタヤエクステリア を使い、色はウォールナットとペルシャレッド。

2色と薄め液を混ぜながら、濃淡を出して遊んでみました!

こちらが完成品。

板材のタテバリは、塗りやすくオススメです!

DIYする場合は、最適ではないでしょうか。コツはコテパケを使うこと。

簡単にプロ並みに仕上がりますよ。

そして歩道側の木柵。

やはり国産材のヒノキで作っています。

思いのほか、ごっつくなってしまったので、印象を少し軽くしたい…

暑い中、スタートしました。

盆前の草刈り並みの尋常じゃない暑さの中、頑張りました!

一回塗りで軽い印象で終わらせるはずが、ハケムラだらけの、いかにも素人が塗ったような仕上がり…

これにはさすがに納得できず、2回塗りをすることにしました。

すると、仕上がりはそこそこにはなりましたが、濃くなった分、すっかり重い印象に…

軽く仕上げるはずだったのですが 苦笑

そこで、笠木と旗の部分は、色を変えることにしました。

ホワイトにしました!

建物とも合うし、なかなかではないでしょうか 笑

バッテンの木柵は、とても塗りづらい。コテパケは使えません。刷毛を使うことになりますが、つなぎの取り合いのところが上手く塗れないため、ハケムラが出やすくなります。

でも、2回塗りなら解消できますし、苦労する分、愛着が出ますよ!

ということで、夏の宿題でした!