プランニング

水戸市のブリティッシュインダストリアル建築

反響が多く、とても光栄です!

ありがとうございます。

まだ内覧のチャンスもございます。ぜひお気軽にどうぞ。

 

おはようございます!

 

今日は昨日の続きで、『これが僕らの幸福な隠れ家』の全貌。

インダストリアルデザインと直線的なLDKプランを紹介します!

 

インダストリアルデザイン

特徴的な写真はこちら。

古い足場板をキッチンの袖壁に使いました。

そして本立てには、アイアンのブックガード。

新しさの中にシャビー感が同居しています。

 

とにかくアイアンが多めです。

ホールから最初に目に飛び込んで来ます。

今月から着工のFさまは

「入り口からいきなり目にするレンジフードのアイアンとガラスのカバーはカッコいいですね!」

とおっしゃっていました。

 

 

アイアンの階段の裏にはしご状の壁。

このスペースには、シャープな印象のステンレスタイプの冷蔵庫が入る予定です。

さらりとブラインドをかけているのです。

 

あえてブルーグレーで塗りつぶすあたりがShowG(イエローチェアハウス デザイナー)らしい。

柱をつつむ収まりも特徴的でカッコいい!

 

でも先週のオープンハウスにご来場の小さなお子さんが、、

「おじさんこれ何?」

「なんだと思う?」

「わかった!こうやって登るんだ!」

と登ろうとしました。笑

それもありかも…

 

 

古びたレンガも大事な要素です。

照明の両サイドにつけられたボックスは、そこからワイヤーが伸びて物干しロープになります。

 

 

 

吹抜けの上もアイアンの手すりなので、開放感と採光が得られます。

スタイルだけでなく機能性も備えています。

 

大きな鏡は、ここでダンスが大好きなお子さんが振り付けのチェックをします。

僕だったら、ゴルフとランニングフォームですね。笑

そうじゃなくてもあってもいいですよね!

毎日ここを通るわけですから、家族みんなが美しくなる!

 

 

直線的なLDK

狭めの独特な形状である敷地に合わせて、必然的にLDKが直線的に間取られています。

ですので、あえて見せるキッチンにこだわったのです。

アイアンと足場板の袖壁で、バーのような雰囲気に仕上がりました!

 

キッチンの奥にダイニング、その奥にリビング。

採光を得るために一工夫こらしています。

 

 

それは吹抜け。

大きな掃き出し窓を吹抜けの2階の南側に設置し、手前のつくりは、できるだけ妨げるものを無くしたおかげで

ほどよい明るさが得られる1階になりました!

 

ブリキの車が評判でした。

(えっ、そこ!?)

 

参考になれば幸いです。

 

明日から2日間、10/6sat・10/7san限定

オープンハウス(完成見学会)開催です。

 

お客様インタビュー 丁寧なつくりの大切さを改めて実感。

今はホームページの刷新に主な時間を割いています。

その一貫で、お客様インタビューを積極的にこなしています。

 

こんにちは!

 

今日はMさま邸です。

可愛いMちゃんが笑顔でお出迎えしてくれました!

 

玄関に入ると正面にこのような演出がされていました。

「オシャレじゃないし…」なんて、かなりのご謙遜です。

 

奥さまのお気に入りはキッチンだそうです。

特にカウンターはフロントもバックも使いやすいとのこと。

少し大きめな作りがイエローチェアハウス の特徴です。

 

バックカウンターは白で統一し、あっさりとした棚を壁に施しました。

「えっ?これでは収納が少ないかも…」と思うかもしれません。

 

隣にはパントリーがあるのです。

ちょっと見えにくいところにオープンな入り口のパントリーを作りました。

浅くても奥行きがあるので収納力抜群です。

 

一番奥の壁にはフック。

これが思いのほか、便利に活躍してくれているそうです!

 

 

ご主人からも、細かな作りが満足感に繋がっているとの話をいただけました。

家づくりのヒントが詰まっていますので、続きは動画をご覧くださいね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

サクラ散り、家づくり始まる季節到来か

4月は、心機一転の季節です。

サクラも散り、なんだかせわしくなってきましたね。

おはようございます!

入学式直前の三女は、日立でダンスの大会。はじめてのセンターを飾るはずだったのが…雨で中止だったそうですw

アモーレさんは、夜な夜なの衣装作りの苦労が実らず、そちらの方でガッカリしてました。

次女の方は、どうやら好きな友だちと同じクラスになれたらしく、心配してたくせに一転、学校に行くのが楽しそう。

イエローチェアハウスの方は、お引渡しあり、新しい家づくりあり。アフターからのリフォーム、リモデルの相談も相次ぎ、嬉しいことにせわしさ満開です。こちらはしばらく散らなそうw

そんな中、僕はある場所にこもって動画作りに励んでいます。先日引き渡したKさまの家づくりの記念動画です。

こんなときに思うことはいつも同じ…

「写真整理しておけよー」

今日は完成するまで、一歩も動かない所存です!

もうちょっとお待ちくださいね、Kさま。

そしてプロジェクトが動き出すのは、前回報告しましたHさま邸。家は、イギリスの家デザインシリーズのホークスヘッドベースです。

会議で議論を重ねw、ついにハウスネームが決定しました…

『風の谷の“平屋”コテージ』!

その理由は、なにかと風の強い場所ゆえ、風をあやつろうという一見無謀な企画w

でも楽しみでしょう?

色々とアイデア豊富なご夫婦で、僕たちもついつい悪ノリしながら、プランを重ねてきました。

他にもHさまが好きな宮崎駿先生の世界観は、イエローチェアハウスも大好き。あるときはステームパンク的なものを提案したり、、

和の空間認識もお高いので、和モダンの世界観も提案してみたり、、

家づくりというのは、つねに予算とのバランスをとることが大切です。ですので、お互いにいい意味で悪ノリしながら、進めてきましたが最終的には、シンプルラインにおさまるという流れ。

もっとも詳細はこれからですが。

センス抜群の奥さまが、おさな子の世話に忙しいゆえ、ご主人、責任重大ですぞー)^o^(

だいじょうぶ。供に作っていきますので、ご安心ください。

話しもどして、動画作り、、

はやくも飽きてきました笑

ショールームも今日は目白押しの予定なので、様子見に行こうか…いやいや一歩も動かない。終わるまでは!

そうこうしている間に、“平屋コテージ3.0”も動き出すという…

4月になると、学校も仕事も方向性が決まります。ですので、そろそろ家のことを考えよう!と思う方が多くなるのかもしれませんね!

今日もよい1日を

お知らせInterior Remodeling Work

『リモデルキャンペーン』開催中!

期間:工事契約が4/30(mon)まで

特典:ダイソンハンディクリーナー(リフォーム総工費:50万円~)

アイリスオーヤマ布団クリーナー(リフォーム総工費:10万円~50万円)

お知らせ失敗と後悔しない家づくりに欠かせない5つのステップ

『お家づくり相談会』無料開催中!

随時開催中です。お申し込みは029-292-0051まで!

もしくは資料請求フォームの備考欄に『お家づくり相談会予約』とご記入ください!

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp
資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ

 

家づくりという仕事。夢が現実化する。茨城の工務店。

昔、建築なんて職業はなくて、服も住居もままならない大昔のこと、、

 

雨が降ると川は氾濫し、幼子が死に、日照りが続けば、幼子が死ぬ、というような時代のことです。ある者が丘の上に立ち、(ここに“家”を作り、川のそばに土手を作るのだ!そうすれば、命は守られよう。)と叫んだそうです。

人々の協力を得て、それが作り上がったとき、命は守られ、

民衆は彼を『占い師』と呼んだそうです。

 

おはようございます!

 

まず完成を、頭に描きます。

図面は、次の作業ですね。

今回は割合、複雑な屋根形状が描かれました。

 

それが、このような形となって、現実の世界に現れます。

『吹抜け贅沢リビングの家』の足場がついに外れました!

図面どおりですね笑

 

中では、担当の青木棟梁が最後の追い込みです。

大工さんが終わると、仕上げ工事に移ります。

 

入り口のドアを作ったり、木部の塗装をしたり、漆喰を塗ったり、などの作業のこと。

後、1ヶ月半ほどで完成します。

3月末にはオープンハウスを予定していますので、そのときにご覧いただけます。

お楽しみに!

 

占い師たちによる、、笑

企ては今も現在進行形で、

イギリスらしいスタイルの家が、続々と描き上がっています。

この春は、大忙しです!

スタッフ一同、頑張ります。

 

 

最初のくだりは、何の本で読んだ一文だったか…

ちょっと思い出せませませんが、面白い話でずっと印象に残っています。

 

家づくりというのは、なんとも夢のある事業ですね。

 

 

今日もよい一日を!

 

 

お知らせ❶ 素敵なイギリスの写真と美味しいティータイム

『英国式ティータイムトークショー』

日時:2/17(sat)10:30~12:00

参加費用:1,500円(紅茶とお菓子、サンドイッチ付き)

お申し込み:029-292-0051まで!

もしくは資料請求フォームの備考欄に『トークショー参加』とご記入ください!

 

お知らせ❷ 失敗と後悔しない家づくりに欠かせない5つのステップ

『お家づくり相談会』無料開催中!

随時開催中です。お申し込みは029-292-0051まで!

もしくは資料請求フォームの備考欄に『お家づくり相談会予約』とご記入ください!

 

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp
資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ

 

オープンハウスで南欧風平屋の完成見学!茨城の自然派工務店

2週間、ご無沙汰してしまいました。

でも、それは来年への布石!

何のこっちゃ笑

 

おはようございます!

 

すっかり暖房が欠かせない寒さになりました。

ショールームでは、この通り。

毎朝、薪ストーブに火を入れています。

なんとも言えぬ、やわらかい暖かさなんです!

また薪を焚べるときの幸福感は格別です。

ショールームにお越しの際は、ぜひ体感を。

 

でも今日は薪ストーブの話ではなくて、明日に控えたオープンハウスの紹介です!

 

 

平屋のオープンハウス

今回は、<One-storey house>曲り屋の平屋の家。

名前の通り、L字の平屋。

平屋は今人気のプランニングですが、イエローチェアハウスのテーマは、『小さく贅沢に』

内部の造作が見どころです!

 

 

家の“うらがわ”にあたる南側には、プライベート性の高い、庭があります。

極小地などには、欠かせないプランニングのコツがありますが、それを体現しています。

 

フロント&バック

そのコツとはイギリス式の家の配置構成のことです。

 

少し、説明しますと、、

 

フロントは、道路に面した側を言い、家の顔。つまり玄関側のことですね。

しっかりガーデンとパーキングを構成し、付近の街並みに貢献していきます。

 

バックは、プライベートガーデン。

隣の家なども利用して、人の目に触れにくくします。
(ここの考え方が、日本と違う!)

あまりお金をかけずに家族の趣味に合う庭にします。
(もちろんご豪華にしてもいいですけど、その分、維持に手間もかかる)

一面を畑にしたり、しっかりテーブルと椅子を配置して第2のリビングにしたり、アイデアいろいろ。

家族が楽しめればいいわけ。

 

フロントはしっかりエクステリアも完成させてのオープンハウスが望ましいのですが、なかなかそうともいかない感じです…

お越しになる際は、足元にお気をつけください。

凸凹ですけど、雰囲気のいいレンガ。

 

 

そんなこんなで昨日と今日は、会場の演出にプチ引越し笑

コンサバトリーに飾ったクリスマスツリーも、いったんたたんで箱に入れました。

 

ショールームに残されたテーブルの上には、何やら新しく手に入れた雑貨などなど。

これもしっかり小道具にしていきます。

テーマはもちろんクリスマス。

 

今回は、小さく贅沢な家シリーズらしく、3人家族のちょっと大人びたクリスマスをイメージしてデコレート。

さ、そろそろ現場に行かねば!

 

また後ほど、中をご紹介しますね。

 

 

明日、皆さまにお会いできることを楽しみにしています!

 

 

 

今は来年の布石になるよう、作戦を頭の中で組み立てています。

 

マラソン早くなることとか、ゴルフ上手くなることとか、少しは自分の家のこととか、、
(仕事はないのか、自分!笑笑)

もちろん、家づくりにとどまらない“暮らしづくり”についても。

 

夢を描くことは楽しい!

 

いくつになっても追い続けるぞ笑

 

 

今日もよい一日を!

 

 

お知らせ❶ Coming Soon!

<One-storey house>曲り屋の平屋の家

オープンハウス

とき:12月16日(土)、17日(日)10:00~17:00(決定)

ところ:水戸市見川町

 

みどころ:・4人家族にぴったりなサイズ感 ・オールしっくい壁の贅沢な質感 ・勾配天井のおおらかリビング ・地元八溝杉のあたたか無垢フローリング ・イギリス式プライベート性ある庭構成 ・大工さん手作りによる造作家具 ・自然素材ならではの空気感、清涼感 ・可愛らしさ満載のニッチ などなど

 

【ご来場特典】
ご予約の上、ご来場の先着5名さまに、

井形慶子著『イギリス流小さな家で贅沢に暮らすプレゼントいたします。

 

 

お知らせ❷ 失敗と後悔しない家づくりに欠かせない5つのステップ

『お家づくり相談会』無料開催中!

随時開催中です。お申し込みは029-292-0051まで!

もしくは資料請求フォームの備考欄に『お家づくり相談会申し込みます』とご記入ください!

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp
メンバーブログ:THE YELLOW TIMES
資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ

 

建築屋に求められるものって?

今回は、建てる方から見てーーーのことではありません。悪しからず。

自己的に、必要だと思うこと!

ざ・ひとりよがり笑

 

こんにちは。

 

いい天気になりましたねーーー

遅れ遅れになっていた工事も、ようやく追い込めそうな感じになってきました笑

 

現場は動いていますが、僕自身の今日はOFFをいただいています。

 

プライベートな祝い事がありまして、、

たいして隠すようなことでもないのですが、言うようなことでもない!?笑

 

弟さんが本日籍を入れることになりました!

で、集まるというわけ。これからお出かけです。

僕は保証人だそうです笑

 

 

いつものように前振りが長くてすいません笑

 

僕たち建築屋は、まだ見ぬものを形にするのが仕事です。

風景や、素敵な建物を見ながらキャンパスに描くのも楽しい作業ですが、、

 

建築は絵画のようにあるのもの見ながら描くこととは、真逆の作業。

はじめは、とってもぼんやりとしています。家を建てる人にとってはなおさらですよね!

まだそこになくても、いずれ頭にはっきり描けなければ、

仮に出来上がったとすると、なんとも自分の期待するものとは別物になることでしょう。

 

頭に描く作業は、自分のアイデアだけではなくて、お客さまのぼんやりとしたものを形どっていくことが多い。

 

そして、頭に描いたものは、できるだけ忠実にリアルな世界に写す作業が出てくるわけです。

僕たちが、こだわるのは手描き。

上手い下手は、あまり重要ではありませんが、建築や暮らしの要素を分かっていなければ、まず再現できません。ということは、到底、人に伝えられません。

いろいろな技術が必要。

 

もちろん最終的には図面化しますが、この通り。

僕たちのようにおっさんコーディネーターは、いつも鉛筆と格闘するわけですが、このスタイルは減っていますね、、

 

CADなんてものは、使い方を覚えれば誰にでもできるわけで、だからなのか、きちんと再現したいものが描けなかったりします。余計な線が出たり、風味が出ないし。

最初からCADに向き合っては、何かがまずい。

ですので、僕たちは嫌い。

 

今日も描き続けます。

しょうじが描いたリフォーム用のイメージパース。

 

ぼんやりとなんとなくしかつかめない、豊かな暮らしを形にします!

 

 

今日もよい一日を!

 

 

お知らせ❶ コンパクトにつくりたい方必見!

小さく、贅沢な家オープンハウス

とき:11月11日(土)、12日(日)10:00~17:00

ところ:水戸市酒門町 →こちらをクリック

 

【ご来場特典】
ご予約の上、ご来場の先着5名さまに、

井形慶子著『イギリス流小さな家で贅沢に暮らすプレゼントいたします。

 

 

お知らせ❷ 失敗と後悔しない家づくりに欠かせない5つのステップ

『お家づくり相談会』無料開催中!

随時開催中です。お申し込みは029-292-0051まで!

もしくは資料請求フォームの備考欄に『お家づくり相談会申し込みます』とご記入ください!

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp
メンバーブログ:THE YELLOW TIMES
資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ

 

仕事に必要なことを考えてみた。使いこなさないと。

今日はいい天気になりそうです。

そうなると、やはり気分がいい!

 

天気がいいのは、、

今日までか…明日は曇り時々雨、明後日は

台風がよけてくれそうなので、よしとしましょう。

 

今晩からは水戸漫遊マラソンに向けて、禁酒とストレッチで過ごします笑

 

おはようございます!

 

 

仕事に大事なものは、道具!

常日頃、職人さんたちを見てそう思います。

ところが、最近はその様子が変わってきています。

大工さんの道具もハイテクになってきている。

 

僕たちのような事務職とて、道具が大事なことは同じこと。

 

例えば、しょうじはいつもライトボックスの上でお絵描き。

昔は箱の中に、蛍光灯が仕込まれていたところLEDになったおかげで、チラツキがなくなって見やすくなりました。

ライトボックスのおかげで、繊細なところが表現できる、と本人申しております。

 

僕の最近のお気に入りツールはこれ。

なんだと思います?

 

スマホにこのように装着。

 

答えはスマホ用の広角レンズです。

 

さらに最近は、アプリである程度、歪み補正までできます!

上の写真と下の写真、違いが分かりますか?

ちょっと前までは、一眼レフカメラに広角レンズ。フォトショップというソフトを用意しなければできなかったこと。最低でも、10万円くらいの投資をして初めてできたことです。これが数千円、しかも公園のベンチでできてしまうとは!

 

ものの進化がとまらない。

特にスマホの進化を知ることは、必須となってきている。

ラインといい、写真アプリといい、振り込みだってできちゃうんですものね。

 

読み始めたフィリップコトラーのマーケティング4.0

3.0では、嘘のないつながりが生き残ると説きましたが(というふうに僕は解釈 笑)、今度はついにLoTとかAIという僕の苦手分野に波及。スマホ時代の生き方が示されていると、喜び勇んで購入してしまいました。

 

 

でも使いこなすのは、自分だしね!笑

 

 

今日もよい一日を!

 

お知らせ❶

 

イエロー供走会。10/29(sun)いよいよ本番!

イエローチェア・ハウスは、OBの皆様と共に水戸漫遊マラソンに出走します。

 

 

【参加するオーナーさま紹介】

笠間市Nさま(2009年建築:5キロ)
ひたちなか市Hさま(2016年建築:フルマラソン2回目)
水戸市Kさま(2017年建築予定:フルマラソン2回目)
水戸市Sさま(2017年建築予定:フルマラソン初)
笠間市Kさま(2014年建築:フルマラソン初)

おまけ→ただいまの体重64.2kg(10/21)(目標62㎏)

【参加特典】
・全員イエローチェアハウスのオリジナルウィンドブレーカー提供
・お施主さま特典→→→参加費負担!(もちろんイエローチェアハウスでお家を計画している方も対象です)
・反省会開催11/11(sat)18:30→→→→アイリッシュパブケルズ 半額負担!!(完走できなかった人、感動を共有したい人は自己負担で参加できます 笑)

 

 

お知らせ❷ コンパクトにつくりたい方必見!

小さく、贅沢な家オープンハウス

とき:11月11日(土)、12日(日)10:00~17:00

ところ:水戸市酒門町 →こちらをクリック

【ご来場特典】
ご予約の上、ご来場の先着5名さまに、井形慶子著『イギリス流小さな家で贅沢に暮らす』プレゼントいたします。

 

 

お知らせ❸ 失敗と後悔しない家づくりに欠かせない5つのステップ

『お家づくり相談会』無料開催中!

お申し込みは029-292-0051まで!

もしくは資料請求フォームの備考欄に『お家づくり相談会申し込みます』とご記入ください!

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp
メンバーブログ:THE YELLOW TIMES
資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ

 

新築設計 プランに苦戦中…!? イギリスの家 茨城町

今日も良い天気ですね。
気温が低くとも、晴れ晴れしていると、心も爽やかです!

それにしても、

まだまだ、“苦戦” は続きます、、
どうして,
うまくいかないのでしょう!?

こんにちは!

 

なかなかブログも、更新が遅れがちです……

というのも、お分かりの方もいらっしゃるかとは思いますが、ユーチューバーになる!と宣言して、はや2週間。
未だに不慣れで、悪戦苦闘しています。

そうなんです!

苦戦というのは、ユーチューブのこと(笑)

 

さらにありがたいことに、プランなどが集中しており、作業時間もたっぷりとは取れない…

 

とにかく、どうにか仕上げた、次の作品がこちら↓↓
仕事ぶりにも注目してください(笑)

安心してください。もう2分を超える動画は、配信しません(笑)

映像力に、コピー力、編集技術にパソコン力、総合的なノウハウが必要なことを痛感しております!(笑)

 

そしてもう一つ、最大のハードルを発見しました!

どうやら、僕のパソコンは動画をつくるのには、能力が足りないそうなのです。

(どうりで)

僕の頭と一緒です(笑)

 

「パソコンは、ノートに限る!」という、僕のくだらない信念が揺らぎ始めています(笑)
どうしましょう、ここは思いきるべきか…

 

幸いにも、ネタ集めにはこと欠きませんので、いずれ近いうちにはあらゆるものを進化させたいところです。

24時間をもっと効率的に進められるように頑張ります!

 

残りの今日もよい時間を

 

日本の木でつくる古くて豊かなイギリスの家イエローチェア・ハウス

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp

メンバーブログ:THE YELLOW TIMES

資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ (さらに…)

2017-01-11 | Posted in My Mission, プランニングNo Comments » 

 

家づくりのコスト 大手ハウスメーカーは日本だけ?新築 水戸

午前中は、新たな地鎮祭!

おめでとうございます!

Processed with MOLDIV

(すてきな家ができますように……(╹◡╹))

 

そして午後は、ショールームに新しいお客さまのご来館です。

これまた僕たちにとっては、嬉しいもの!
新しい家づくりの期待は、お客さまだけのものではありません(笑)

胸は高まるばかりです。

 

ところが、、

「実は、、すいません、他でやることが、いちおう決まってまして……」
「はっ!?」

このときは、こんな風に始まりました。

 

おはようございます!

夜明け前から、コーヒーを三杯も飲んでしまい、すでにお腹がガポガポしている朝です(笑)

 

このようなことは、実はめずらしいことではありません。

家づくりを進めているビルダーさんに、なんらかの悩みなり、疑念を抱いて、ここに来られていることが想像できます。
ですので、上手に弾劾すれば、こちらに興味を持ってもらうことは、案外、むつかしくないことかもしれません……

 

ことの結末を、先に言ってしまうと、、

「お悩みはアドバイスできます。でも、そちらを信頼してお任せしてくださいね。」

というものになりました。

 

聞けば、イエローチェア・ハウスよりも、さらに小さな工務店さんのようです。

悩みは、問いかけの反応が遅く、話しが進まないというものでした。
それで業を煮やし、信頼すら揺らいでいるようです。
以前に、比べていたのは、某大手ハウスメーカーM社さん。とにかく親切、サービス満点、営業マンの評価はすこぶる高い!

ただし、金額が高いので、あきらめた……

客観的にみてそのビルダーさんは、プランニング能力や断熱の考え方など、家づくりそのものの質は高く、某メーカーさんと遜色ないということが分かりました。

 

そのビルダーさんは、現場が忙しいという、それだけの理由。
言いかえれば、現在進行中のお客さまとは、きちんと向きあっている、ということです。

かりに、1人で営業と設計と監督を兼ねているとすれば、そうなります。

対して、M社さん、その間にも、専任の営業マンがすてきな笑顔で、あの手この手で外堀を埋めていきます。きれいな展示場で、家の良さも、本質以上に啓蒙していく……

(どして?たまたま知ってるけど、そんなにすごくないんだって!ーーー(*´◒`*))

 

合わせて、家のコストは材料ばかりではありません。

営業マン経費、広告宣伝経費、展示場経費、これらもコストに計上されるのです。
僕は年間、12棟ぐらいお世話させていただいておりますが、大手なら営業マン1人あたり、もっと棟数を売りあげているかというと、そうでもありません。
きっと、僕は優秀な方でしょう!(笑)

つまり、配分が同じ一棟に、余計な経費が重く計上されているわけです。
小さな工務店の場合は、営業マン0、広告宣伝費わずか、展示場経費0。

Processed with MOLDIV

家づくりは、小さくても大きくても、必ずコラボレーション(=外注)の事業体なので、母体が小さいほど経費はかかりません。そもそも、大きいことにメリットは少なく、日本独特のシステムがまかり通っている……

さらにその営業やなんちゃらの経費は、建物の質とは、関係がないのです!(苦笑)

 

「待ってあげてくださいね。お悩みは、中立にアドバイスはしますが、どこぞで聞いたとか言ったらダメですぞ!それぞれの得意不得意があるので、うちでできるからと言って、いちがいに言えないところもたくさんあるのです。お互いの信頼を失うと、いい家づくりできなくなっちゃうからね!」

オッさんになってきたからこその、言いっぷり(笑)

 

かくして、お客さまは、ビルダーさんの事情を理解するとともに、信頼を取り戻し、意気揚々と帰られたのでした(苦笑)

 

でも、大手ハウスメーカーの共通した問題は、本質が別にあると思っています。

Processed with MOLDIV

それはまた明日!
そろそろ行かなくちゃ(笑)

 

今日もよい1日を

 

☆ お知らせ1

12.16 fri

ハーブのワークショップ

Processed with MOLDIV

詳しくはこちらをポチッと → イベント情報

参加のご予約はこちらから →→→ ☎︎029-292-0051もしくは資料請求フォームから。

 

☆ お知らせ2

12.24sat, 25sun

今年最後のOPENHOME(完成見学会)

『木目勾配天井のおおらかリビングの家』
20161115122016-1

*オーナーさまのご厚意による2日間限定の公開のため、完全予約制となります。開催場所は、ご予約後の案内になります。どうぞよろしくお願いします。

参加のご予約はこちらから →→→ ☎︎029-292-0051もしくは資料請求フォームから。

 

☆ 動画ブログ編

噛みまくりユーチューバーデビュー

ウッドデッキのメンテナンス

道具の準備編 ↓↓

 

日本の木でつくる古くて豊かなイギリスの家イエローチェア・ハウス

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp

メンバーブログ:THE YELLOW TIMES

資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ (さらに…)

 

地震に強い 小さな家 完成見学会 ひたちなか

今日は、地震にもっとも強い家である “ハムステッド” のOPENHOME(完成見学会)です。

おはようございます!

準備ばんたんです。
昨日はしっかり夕方までかけて、ガーデンのメンテナンスを施しました!

Processed with MOLDIV

 

前回のブログの中で、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スケルトン&インフィル=まじきりを自由にできる。地震に強い家だからこそ、可能です。
その秘密は、モノコック構造(=昆虫みたいに外皮で強さを出す)。

在来工法は、一般的にフレーム構造(厳密にはその領域は越えないが)なのに、外側を圧倒的に強くすることにより耐震性をたんぽするという、とっても面白い発想!

大臣認定コーチパネルの動画 →→→ コーチパネル

ハムステッドは耐震等級2を取得していますが、
数値以上の耐震性を発揮してくれるものと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とお伝えしましたが、ときに耐震性は、ガーデンと同じようにメンテナンスが必要かもしれません……

311の大震災などを経験した家は、かなりの衝撃を受けました。
ですので、構造部が緩んでいる可能性も否定できないもの。

 

損傷の少なかったことに自信を得た部分もありますが、不安は少しでもとりのぞきたいものです。

 

そこで、何度くる地震にも、“緩まない” が特徴のコーチパネル。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-17-45-51%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

“緩まない”理由は、箱をかましているからなんですが、簡単に図解すると、こんな感じ↓

Processed with MOLDIV

 

ですが、耐震性は、“家が小さなこと” も有利に働きます!

さらに、単純に形が四角であればあるほど、剛芯がずれませんので、地震のときに左右にフレにくい

なので、小さな箱の家はオススメ。

 

逆に2階建てで、1階にものすごく広いリビング、例えばタテヨコに5メートル以上あるなんて場合は、特に耐震性には設計上の注意が重要です。カンではなく、それこそ、しっかり応力度計算を施したいものです。

 

とは言え、地震に強い小さな家は、暮らし方の研究が必要です(笑)
誤解を恐れずに言えば、収納の少ないつくりが付いてくるから……

そして豊かな暮らしのヒントは、いつものようですが、この辺にあるわけです!(笑)

【贅沢に暮らすヒントは小さなこと】

【贅沢に暮らすヒントは小さなこと】

僕も身辺整理して、コンパクトに暮らしてみたい!
スッキリするだろうなーーー

(変な意味にとらないでƪ(˘⌣˘)ʃ)

Processed with MOLDIV

 

今日もよい1日を

 

☆ お知らせ1

11.5 sat ~ 11.20 sun

ロンドン生まれのミッドセンチュリー『ハムステッド』

ひたちなかモデルハウス The Final Viewing! OPEN HOME(最終内覧会)

Processed with MOLDIV
ハムステッドの見どころ→こちらをクリック
ブリティッシュモダンへの思い→こちらをクリック
内覧のご予約はこちらから →→→ ☎︎029-292-0051もしくは資料請求フォームから。

 

☆ お知らせ2

11.26 sat ~ 11.27 sun

コンパクトにHAPPYな白い家”

OPENHOME(新築内覧会)

Processed with MOLDIV
内覧のご予約はこちらから →→→ ☎︎029-292-0051もしくは資料請求フォームから。

 

日本の木でつくる古くて豊かなイギリスの家イエローチェア・ハウス

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp

メンバーブログ:THE YELLOW TIMES

資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ (さらに…)

 

スケルトン&インフィル 時に対応する家 完成見学会 ひたちなか

いよいよ、2週にわたるOPENHOME(完成見学会)が迫りました!
まずは今週末の“ハムステッド”。
終わると、ついにお引き渡しになります……

Processed with Rookie Cam

おはようございます!

 

ホリディのコッツウォルズの家は、とっても素敵ですが、昨日のblogにリンクした間取りを見ると、家族が増えたりには、対応できなさそう。イギリスは、引っ越しもいとわないみただし、家族が増えると違う家を求めるのかもしれません。

【ホリディ アイリスの家】

【ホリディ アイリスの家】

 

ハムステッドは、家族構成の変化に対応できるスケルトン&インフィルです。
簡単に言うと、しきりが加えられたり、減らしたりできるというもの。

 

その秘密は、コレにあります!

image

断熱材が工場で組み込まれた耐震部材 “コーチパネル” 。

 

スケルトン&インフィルは、モノコック構造(=昆虫みたいに外皮で強さを出す)だから、達成できること。
在来工法は、一般的にフレーム構造(厳密にはその領域は越えないが)なのに、外側を圧倒的に強くすることにより耐震性をたんぽするというのは、とっても面白い発想です!

分かりやすい動画があります →→→ コーチパネル

ハムステッドは耐震等級2を取得していますが、
数値以上の耐震性を発揮してくれるものと思います。

 

モノコック構造の利点は、
耐震性はもちろんのこと、
気密性や断熱性の均一的な品質を得られるところも見逃せませんが……

間取りの可変性を得られるというもの!

一般的には筋交いを入れるために、間仕切りの壁がある程度必要になります。
それが、極力いらなくなるわけ!

絵で解説すると、こんな感じ↓

Processed with MOLDIV

黄色い蛍光ペンの引いていないところは、自由に壁を取り付けられるということなのです。
つまり、モノコックだと自由性が高い。

 

2人の暮らしだったり、
子供が生まれたり、
子どもが出て行ったり、
歳をとったり、

家づくりは、その時の想いで作りがち。
ところが、暮らしは断片的にははかれません。

住みかえるならともかく、僕たち日本人の場合は、「ずっとここで。」と普通は考えますよね。

 

コンパクトに、“ときの暮らし”に対応できる。
それがハムステッド(+モノコック)の魅力なんです!

(ぜひぜひ、週末はハムステッドに遊びに来て(^q^))

 

今日もよい1日を

 

☆ お知らせ1

11.5 sat ~ 11.20 sun

ロンドン生まれのミッドセンチュリー『ハムステッド』

ひたちなかモデルハウス The Final Viewing! OPEN HOME(最終内覧会)

Processed with MOLDIV
ハムステッドの見どころ→こちらをクリック
ブリティッシュモダンへの思い→こちらをクリック
内覧のご予約はこちらから →→→ ☎︎029-292-0051もしくは資料請求フォームから。

 

☆ お知らせ2

11.26 sat ~ 11.27 sun

コンパクトにHAPPYな白い家”

OPENHOME(新築内覧会)

Processed with MOLDIV
内覧のご予約はこちらから →→→ ☎︎029-292-0051もしくは資料請求フォームから。

 

日本の木でつくる古くて豊かなイギリスの家イエローチェア・ハウス

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp

メンバーブログ:THE YELLOW TIMES

資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ (さらに…)

 

手描きパース 小さな家 学びの時間 水戸

おはようございます!
今朝は、休日を返上して4:00から溜まった仕事をしています。
珍しくここ数日体調がよくなく、ターボエンジンがかからなかったので、しょうがないですね……!

ちなみに、パースを書いたり、見積もりを作成したり。

【憧れの勾配木目天井の家】

【憧れの勾配木目天井の家】

いよいよ外装も佳境に入り、正面のハニーストーンの指示書にもなります!
コッツゥオルズのカントリーコテージを表現していきます。

 

話変わり今日も、小さな家の話題です。

僕の夢の一つは、湖畔に家を持つこと。

仕事中心の生活をしながらも、家庭菜園に好きなゴルフをして、湖畔をジョギング。

家は、とても小さな家で、平屋がいい。湖畔が見えなければ、2階屋。
ラブリーと二人で過ごすだけだから、小さい方が効率がいいので、そこは絶対条件。
25坪もあればいいかな。

もちろん、フロントアンドバックのルールをしっかり守って、裏庭をプライベートリビングとしてしっかり機能させたい。
すえつけのテーブルとベンチに腰掛けて湖畔を眺め、コーヒー、時にビールを呑みながら、会話を楽しむなんて最高ですよね!

どうです?素敵でしょう?
ライフスタイルを考えることが、家づくりの一歩です(笑)

 

ところが、現実は厳しく、この夢は夢でしかありません。
その理由は……
案外、くだらない(笑)

 

昨晩、家に帰るとちょっと楽しみにしていた本が届きました。

【アマゾンは一日で届く、すごい!】

【アマゾンは一日で届く、すごい!】

アマゾンって、すごいですね。

【梱包も丁寧】

【梱包も丁寧】

届いたのは……

【ル・コルビュジェ 小さな家】

【ル・コルビュジェ 小さな家】

一般の方でも、名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんが、ル・コルビュジェは20世紀最高の建築家と称される人です。

これ、考えてみたら何冊目だろう。
家の中の棚をちょっと探せば、2、3冊出てきそうな……
事実を知るのが怖いので、書棚は見ません(笑)

 

こんなくだりが、あります。
この一文は、僕のお気に入り。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第2の条件、それは“住む機械” であること。つまり最小限の実用性が得られるように、適切な寸法をもつ簡明な機能に分かつこと。さらに空間が有効に活用できるように、それらを効果的に組織すること。各機能には許される限り最小の面積を充てること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まさに、僕の夢の家がそのまま描かれています。
バイブルに近いかな。

最高の建築と云われる建物は、意外にも小さな家が多いんです。

吉村順三氏の軽井沢の山荘しかり

【軽井沢の山荘】

【軽井沢の山荘】

前川國男氏の自邸しかり

【前川國男 自邸】

【前川國男 自邸】

検索して、間取りとか見ると、結構面白いですよ!
個室の小ささにまずは驚くことと思います。

 

 

僕の夢である “湖畔の小さな家”
場所は涸沼で十分なんだけど……

 

夢は夢でしかない理由とは、、

ラブリーが都会好きだからです!
老後はマンションがいいんだって(笑)

(木造建築屋なのにΣ(-᷅_-᷄๑))

 

今日もよい1日を

 

☆ お知らせ1

11.5 sat ~ 11.20 sun

ロンドン生まれのミッドセンチュリー『ハムステッド』

ひたちなかモデルハウス The Final Viewing! OPEN HOME(最終内覧会)

Processed with MOLDIV
ハムステッドの見どころ→こちらをクリック
ブリティッシュモダンへの思い→こちらをクリック
内覧のご予約はこちらから →→→ ☎︎029-292-0051もしくは資料請求フォームから。

 

☆ お知らせ2

11.26 sat ~ 11.27 sun

コンパクトにHAPPYな白い家”

OPENHOME(新築内覧会)

Processed with MOLDIV
内覧のご予約はこちらから →→→ ☎︎029-292-0051もしくは資料請求フォームから。

 

日本の木でつくる古くて豊かなイギリスの家イエローチェア・ハウス

-*-*-*-* 資料請求・お問い合わせはこちら *-*-*-*-

茨城県東茨城郡茨城町常井1204-1
029-292-0051
info@10ken.com

公式サイト:http://www.yellowchairhouse.jp

メンバーブログ:THE YELLOW TIMES

資料請求フォーム:サイトの中の資料請求ページ (さらに…)

2016-11-15 | Posted in My Mission, プランニングNo Comments »