子どもと暮らす 子どもが育つ家づくり

イエローチェア・ハウスでは、安心して使える国産材による家づくりを推し進めてきました。

■第6回 森からのツアー!
■国産材を使わない日本の家づくり?!
■森と暮らしと家づくり
■WWFのレポートに思うこと!

今月の「イエローズ・スピリット」では、新たな側面から、私たちが使う国産材についてお話をしてみようと思います。
新たな側面は、以下の3点。

・放射線は大丈夫なの?
・国産のスギ材って強いの?
・誰よりも子どもたちのために!

文末では、国産材を使ったイエローチェア・ハウスの家づくりを体験&体感できるイベントをご紹介します。

放射線は大丈夫なの?

イエローチェア・ハウスがお届けする家の構造材は、100%国産材です。その産地は、茨城、福島、栃木にまたがる八溝山。そこで伐採される杉材は八溝杉と呼ばれ、北関東・南東北においては、大変良質なブランド材なのですが、3.11以降、こうした声をよく耳にしてきました。

「放射線は大丈夫なの?」

特に家をつくろうというご家族には、小さなお子さまがいる場合が多く、不安な気持ちになるのは当然のことでしょう。

結論から言えば、私たちが仕入れている八溝杉は安全です。

とは言っても、具体的にどのようにして安全が証明されているのかが気になるところです。

ところが、実は建築資材としての放射線基準値は、どこにも示されていません。つまり、建築資材において、どれくらいの放射線量が安全か否かの基準値がどこにもないのです。

そこで、私たちが信頼して止まない協和木材株式会社さんは、なんと食品基準値を採用。口に入れても安全な放射線量基準をクリアしています。ですから、安心して大切なご家族や子どもたちの暮らす家づくりに使うことができます。

国産杉材って強いの?

みなさんは、木の特性、特に強度についてはあまりご存じないかもしれません。それでも「杉材は弱い」というイメージをお持ちの方は多いようです。

特に輸入材の米松材などと比較すると、その強度は劣ると言われているのですが、実態を知れば、杉材の強度に驚かれると思います。

まず、構造計算に用いられる材木の「基準強度」には、3つの等級区分があります。

1.無等級材=JAS規格ではない材木
2.JAS目視等級区分=主に節などを目視測定して区分した材木
3.JAS機械等級区分=ヤング係数を測定し等級区分した材木

1は、一本一本、個体の杉材を測定したものではなく、杉や米松など種別全般の平均的な強度で区分されているに過ぎません。一般的に杉材が米松材より強度が低いと言われているのは、1の無等級基準によって比較されている場合になります。

ところが、個体検査が行われ、JAS規格品として認定された2や3の等級基準で比較をすると、杉材と米松材の強度は逆転し、圧縮、引張、曲げ、せん断のいずれにおいても米松材よりも杉材のほうが強いという結果になるのです。

少々乱暴にたとえると、1の無等級基準による比較は、平均的な体格基準値を用いて、日本人とアメリカ人の身体能力を比較するようなもの。 それに対して3のJASの等級基準による比較は、個々の体格を検査したうえで、ある一定の基準をクリアした人同士で身体能力を比較しているとたとえられるでしょう。

このように杉材というよりも、きちんとJASの等級規格をクリアした材木かどうかが大切になります。イエローチェア・ハウスが仕入れている協和木材株式会社さんは、全国にある木材加工工場でも10%に満たないJAS規格の認定工場です。

ですから、そこで加工された材木は、強度はもちろん、既にお伝えしたように放射線量においても安全で信頼できる建材として、みなさんの家づくりに使われています。

誰よりも子どもたちのために!

このようにイエローチェア・ハウスでは、安心かつ安全な材木を使っています。

地元の国産材を使えば森が活性化します。わざわざ遠い外国から大量の化石燃料を使って日本まで運んでくる必要もありません。森林は、石油のように使えば消滅し、いずれ枯渇するエネルギーではなく、再生と循環のできる資源です。人が計画的に使っていけば、他の動植物のいのちと共存がはかれる “地球資源の使い方” です。こうした家の作り方は森を蘇らせます。森が元気になれば、地域はもちろん、地球全体の環境保全につながります。 それに加えて、今回お伝えしたように放射線量においても強度においても安全で、安心して使える国産材が、地元の山に、地域の森に育ち、使われるのを待っています。それならば、こうした国産材を使わない理由は見当たりません。

なによりも、このような家づくりは、他でもないそこに住まう家族、そこで育つ子どもたちのためになるでしょう。さらには、後世の人たちに豊かな自然や環境を保った地球を送り渡す、最良の選択となるでしょう。

家づくりの構造と森を観に行こう!

さて、最後まで読んでくださりありがとうございました。イエローチェア・ハウスでは、ここでお伝えしたことを、ご自分の目と耳と手で確かめていただく機会を設けています。

家の内部構造をお見せする構造見学会「KOUKOU TOUR」と、実際に伐採している森と加工される木材工場を訪ねる「森からのツアー」です。

好評をいただいているデザインやプランニングはもちろんですが、イエローチェア・ハウスがお届けする家づくりの真髄に触れてください。 ぜひご家族と一緒にご参加をお待ちしております。

お知らせ

■5月9日 (土) 午前の部:10:00~12:00 | 午後の部:14:00~16:00
セルフメイク・ワークショップ feat. Mr.Kobashi at "BACK YARD"

■5月17日 (日) 10:00〜16:00
KOUKOU TOUR(構造見学会)「Rしつらいの漆喰の家」@水戸市内原町

■5月21日 (木)  10:00〜11:30(通常第4木曜日ですが事情により第3木曜日)
英国式『ゆたかぐらし&ティータイム』セミナー
~イギリスのLive&Lifeから見えてくる家づくり~ @ 弊社ショールーム

■5月23日(土)・24日(日) 10:00〜16:00
Tea Party of Wonderland 出店 @水戸市七ツ洞公園

■5月30日(土) 10:00〜16:00
森からのツアー @福島県東白川群塙町〜里見周辺

イエローチェア・ハウスのイベント情報カレンダー

イエローチェア・ハウスのイベント情報カレンダー

イベント開催情報|THE YELLOW TIMES

ブログも絶賛更新中!

代表ブログ「Rough&Laugh」(ラフ&ラフ)

代表ブログ 「Rough&Laugh」(ラフ&ラフ)

THE YELLOW TIMES (メンバーブログ、イベント開催情報、アーカイブ)

THE YELLOW TIMES (メンバーブログ、イベント開催情報、アーカイブ)

ページトップへ戻る