イエローズ・スピリットイエローズ・スピリット

  • 初めてのかたへ
  • 施工実績
  • OPEN HOME & イベント開催情報
  • メンバー・ブログ&イベント開催情報メンバー・ブログ&イベント開催情報 THE YELLOW TIMES
  • 施工実績のフォトギャラリー施工実績のフォトギャラリー The Yellow Gallery
  • 代表・阿部よしあきのブログ代表・阿部よしあきのブログ

Happy New Year~2016年のイエローチェア・ハウス

おかげさまで2015年も多くの方々に支えられました。
そして2016年の到来です。
今年も感謝と期待を胸に2016年をスタートさせたいと思います!!

Happy New Year 2016
今年もよろしくお願いいたします。

木材は最先端の「材」

2015年12月22日。なにかと話題になっていた新国立競技場のデザイン案が決定しました。

ばれた「A案」と惜しくも落選した「B案」の審査得点数は、わずか8点。「B案」は、建築家のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞した伊東豊雄さん。本当にどちらが選ばれてもおかしくありませんでした。いずれも「木」を多用している点などが共通していましたが「B案」をデザインされた建築家の隈研吾さんは、普段から木材の可能性を評価し、積極的に活用されています。

世界的な建築家である隈研吾さんは「21世紀は木の世紀になる」と考える。木材の技術開発は進み、耐火・耐久性能が上がった。隈さんは、「木材が最先端な材となったいま、世界の建築家は、サステナブルな木造建築で競い合っている」と話す。

「21世紀は木の世紀」隈 研吾さんインタビュー|オルタナ(alterna)×S 昨日と違うスイッチを探そう。(2015年9月9日)より転載

民が注目する「2020東京オリンピック」。
そのメイン会場である新国立競技場をデザインする隈研吾さんが注目を浴びるのは当然として、これを機に「木材」が建築資材として大きく見直されるといいなと、私たちは強い期待をもっています。というのも、イエローチェア・ハウスでは国産材を多用し、構造材ならば100%、仕上げ材まで含めても90%以上が地元の八溝杉で作る家づくりをしているからです。これは自信をもって公言できる数値です。(同様に国産材利用を謳っていてもその実態は不明な点も多くありますので、どこまで含めて何パーセントなのかといった点なども留意してみてください)

の県境にそびえる八溝山は、昔から良質な杉の生産地でした。ところが、高度経済成長期の人口爆発に伴う建材不足を補うために輸入材に頼るようになって以来、国産材は後継者問題や生産コスト高騰などにより、手つかずの山々の中でまるで朽ちていくのを待っているかのようでした。そのような山々は日本の各地にあるでしょう。なぜなら、日本は国土の七割が森林だからです。

のような中、イエローチェア・ハウスでは6年ほど前から国産材(八溝杉)の活用を始めました。いまでは国も「森林王国・日本」の木材資源を見直し、積極的な活用を模索しはじめました。そして国家的プロジェクトとも言えるオリンピックのメイン会場が木材を多用してつくられる。少々大袈裟ではありますが、オリンピックはもちろん、建築に携わる立場としては、別な意味で、正直心躍る気持ちを抑えられないでいます。

うかみなさんもこれを機に「木材(特に国産材)」の良さを知っていただければと思います。

研吾さんや新国立競技場のプランなどの詳細については、下記のリンクをご参照ください。

隈研吾建築都市設計事務所

隈研吾|T-SITE

【建築】隈研吾の建築作品 代表作まとめ

新国立競技場 整備事業 技術提案書(A案)【PDF:25.43MB】
新国立競技場 整備事業 技術提案書(B案)【PDF:25.6MB】

森を体感し、木材を知る「森からのツアー」

森からのツアー」で訪れるのはイエローチェア・ハウスが使っている八溝杉の産地「八溝山」。実際に森に入り、木と大地に直に触れ、木こりさんの伐採のようすや木材工場を見聞する体感ツアーです。ちょっとした遠足気分も味わえると大好評のイエローチェア・ハウスオリジナル・ツアーです。参加されたみなさまは、八溝杉の素晴らしさの魅力を感じ取っていただき、国産材での家づくりに意義深い発見をされているようです。

アーの様子をイエローチェア・ハウス代表がブログに綴っています。参加された皆様のお声も載せていますのでぜひご覧ください。

“森からのツアー”(本編:八溝山と協和木材)|Rough & Laugh

現調 “森からのツアー”森からのツアー|Rough & Laugh

んな「森からのツアー」ですが、新年早々このツアーを社員向けに行います。本来お客さま向けのツアーですから、私たちはいつもホスト役として同行しています。そこで、改めて日本の木でつくる家づくりの魅力を自分たちでじっくりと再確認してこようという次第です。

いうことで、新年より森のエネルギーを満タンにしたメンバーがみなさんの暮らしの場づくりのお手伝いをさせていただきます。どうぞご期待ください!

なお、お客さま向けの開催は2,016年5月末に予定しています。あらかじめご連絡いただければ、開催が決まり次第、個別にご連絡を差し上げますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

森からのツアーってなに?

 OPEN HOMEお問い合わせ&予約申し込み、その他のお問い合わせや資料請求などはこちらからお気軽に

ティータイムはハッピータイム!

うひとつ、イエローチェア・ハウスには人気のイベントがあります。それは『英国式「ゆたかぐらし&ティータイム」セミナー』です。先月の12月には“クリスマス・スペシャル”として、いつもお出ししているティータイムセット(紅茶やサンドイッチやオードブル)も、より豪華に、3日間連続で開催いたしました。通常は平日開催でしたので「いつも行けなかった……」というかたがたにご参加いただけたようです。1月、2月は通常開催ですが、3月には週末での開催を予定していますので、お気軽にお問い合わせください。

ずは、12月開催のクリスマス・スペシャルのときの様子をご覧くださいませ!

ちらは、イエローチェア・ハウス代表のブログでのセミナーの様子です。

死にはぐった…けど、満員御礼|Rough&Laugh

これで終了です……|Rough&Laugh

2016春のイエローチェア・ハウス

エローチェア・ハウスでは、春の息吹が深まる4月頃までに次のような企画を実現していきます。

2月~OBオーナーさまとのふれあい訪問ツアー~

たちイエローチェア・ハウスの家づくりに共感いただき、家族の暮らしの場としてくださったオーナーのみなさまと、これから家づくりを考えているお客さまとの“ふれあい”をもたらすツアーを企画しています。実はこのオーナーさま訪問、これまでも随時開催していました。

たイエローチェア・ハウスでは、家の基本性能を自信をもってお伝えできるこどもを育む 省エネ・エコハウスもございます。やはり、生活感の無いモデルハウスではなく、実際に生活しているおうち。そこに暮らすご家族の実感を直接聴けるのは「一番参考になる」というお声をいただいています.お気軽にお問い合わせ、お申し込みください。

3月~ティータイム・セミナー RE-BORNバージョン~

12月にクリスマス・スペシャルとして3日連続開催した『英国式「ゆたかぐらし&ティータイム」セミナー~イギリスのLive & Lifeから見えてくる家づくり~』は、いずれも満席となり好評をいただきました。これまでは平日開催で来られなかったというかたも多く、土日開催の意義も再確認できたので(ちょっと調子に乗って 笑)春にも2日連続で開催することにしました。日程は未定ですが、3月のいずれかの週末を予定しています。ご連絡をご希望のかたはお気軽にお問い合わせくださいませ。

4月~新築モデルハウスがOPEN予定!!~

待ちかね! イエローチェア・ハウスの新しいモデルハウス(@那珂湊市)を4月オープンを目指して準備中です。新デザインシリーズ「ハムステッド~2 ウィロー・ロード~」の初お披露目でもあるこのモデルハウスは、魅力ある新しい暮らしの場づくりをみなさんにご提供できると自負しております。ぜひ、お楽しみに!

OPEN HOMEお問い合わせ&予約申し込み、その他のお問い合わせや資料請求などはこちらからお気軽に

お知らせ

■2016年1月9日 (土) 午前の部:10:00~12:00 | 午後の部:14:00~16:00
セルフメイク・ワークショップ (木工教室) feat. Mr.Kobashi at "BACK YARD"

■2016年1月21日 (木) 10:00〜11:30
英国式『ゆたかぐらし&ティータイム』セミナー
~イギリスのLive & Lifeから見えてくる家づくり@弊社ショールーム~
クリスマス・スペシャル!!

イベント開催情報|THE YELLOW TIMES

ブログも絶賛更新中!

代表ブログ「Rough&Laugh」(ラフ&ラフ)

代表ブログ 「Rough&Laugh」(ラフ&ラフ)

THE YELLOW TIMES (メンバーブログ、イベント開催情報、アーカイブ)

THE YELLOW TIMES (メンバーブログ、イベント開催情報、アーカイブ)

ページトップへ戻る