イエローズ・スピリット

  • 初めてのかたへ
  • 施工実績
  • OPEN HOME & イベント開催情報
  • メンバー・ブログ&イベント開催情報メンバー・ブログ&イベント開催情報 THE YELLOW TIMES
  • 施工実績のフォトギャラリー施工実績のフォトギャラリー The Yellow Gallery
  • 代表・阿部よしあきのブログ代表・阿部よしあきのブログ

Hampstead~B.I.I.D

  イエローチェア・ハウスでは、イギリスの街並みや田舎家のスピリットを取り入れたデザイン・シリーズを展開していますが、今月は、そんなデザイン・シリーズの中でもモダンなスタイルが人気の『Hampstead(ハムステッド)』をベースにした“ニュー・ウェーヴ”について、その誕生秘話をお届けいたします。

I様ご夫妻との嬉しい出会い

この新しい流派とも言うべきデザインは、弊社のデザイナー庄司とI様ご夫婦との出会いから生まれました。当人に当時のことを振り返ってもらいましょう。

ハムステッド B.I.I.D

───あれは2017年6月に開催されたT様邸の完成見学会でのことでした。可愛い赤のルノーで来場されたのがI様ご夫婦で、弊社の完成見学会は初めてとのことなので、おうちの中をひと通りご覧いただいてから「いかがですか?」といつも通りにお尋ねしました。するとニコニコと笑顔で「いい感じですね」と答えてくださいました。そんなご様子のおふたりを拝見しながら「すてきなご夫婦だなぁ」と思いました。

ソファーでくつろぎながらお話していると、ひとつ気になることがありました。それは照明についてお話されたときでした。シャンデリア・タイプのキッチンライトを見ながら、こう仰ったんです。

「もうちょっとシンプルな感じが好きかな……」

T様邸は、イエローチェア・ハウスで最も人気の高い『ホークス・ヘット』をベースにしたおうち。ピーター・ラビットが跳ね回り 湖沼と山々が織りなす湖水地方の村の田舎家がデザインのコンセプトですから「きっともう少しシンプルでモダンなテイストがお好みなのかなぁ」と想像しながら尋ねてみました。

「ホーロー製のシェードで……たとえばブルーグレイ色の……」

すると「そうそう、そんな感じで」とお答えが!「なるほど! ひょっとして今人気のブルックリン・スタイル、いわゆるインダストリアル・インテリア・デザイン系がお好きなのではないか」と思い、尋ねてみると「いいなと思っています」とのお答え。でも「流行りものっぽいですかね」とか「子どもっぽいかな」という懸念をおもちの様子。

たしかにインターネットで見るイメージに限ってみれば、少々子どもっぽい演出のデザインも多いのは否めない。でも本質的には大人っぽくセンシティブなスタイル。

I様ご夫婦「無垢材や漆喰の壁とかが好きで」
庄司「そうかなって思っていました。実は僕も十年ぐらい前から、いいなって思っていまして」
I様ご夫婦「いいですよねぇ」
庄司「家具の『TRUCK』や『PACIFIC FURNITURE SERVICE(R)』、雑誌の『Casa BRUTAS(R)』やフランス版『Marie Claire』で紹介されていて……」

こんなふうにお話は弾み、お二人のおうちづくりのお手伝いをすることになったわけです。 こうして後日、ご要望を伺い、プランニングをスタートさせるわけですが、そのプロセスを弊社のデザイナー庄司は、こう振り返ります。

ハムステッド B.I.I.D ハムステッド B.I.I.D

──まず、ゾーニングのスケッチをしながらエレベーションを考えます。

※ゾーニング=機能や用途などを考え、空間の大きさや相互関連性に配慮して空間をゾーンに分けるプランニング手法。
※エレベーション=建物を東西南北の四方向から見た外観の姿図または立面図。

木……
鉄……
レンガ……
タイル……
塗り壁……
モダン……
ノスタルジー……
ロンドン、ブルックリン……
そして大人っぽさ……
これはとても大切……

さまざまなキーワードが頭の中を巡り、そのうちに建物のイメージが白い紙の上に浮かび上がってきます。そんなプランニングの過程で何枚かイメージ・スケッチを描き上げていくのですが、それらを見ていて、ふと気づいたことがありました。

そういえば、われらがイエローチェア・ハウスにはデザイン・シリーズ『Hampstead(ハムステッド)』があったじゃないか。本物のレンガ壁や螺旋階段をあしらい、ミッド・センチュリーのディティールを採り入れたブリティッシュ・モダンの『Hampstead~2 Willow Road』と並び立つ新しい流派として生み出すことができるんじゃないか?! もともとインダストリアル・インテリア・デザインの起源は、ミッド・センチュリーのモダニズム・デザインにあるのだし……。

そんなふうに考えていくうちに、いつの間にかその場所に着地したとでも言いましょうか。彼の地から呼ばれたとでも言いましょうか。I様のおうちのイメージはできあがっていきました。

こうしてI様との出会いが新しいインスピレーションを呼び起こし……まるでどこかに還り着くような、それでいて新生したような、そのような流れで『B.I.I.D = British Industrial Interior Design(ブリティッシュ・インダストリアル・インテリア・デザイン)』は派生しました。実は、工事もこの10月にスタート。完成予定は2018年4月頃。

ぜひI様ともどもご期待ください!

※『Hampstead~B.I.I.D』のスタイルは、ニューヨークやパリ、ロンドンで人気のインテリア・デザインをベースに、ブリティッシュ・スタイルに特徴的な「鉄」「ガラス」「皮」「レンガ」に「無垢材」を組み合わせる点が一味違うといえます。

お知らせ

『おうちづくり相談会』無料開催中@弊社ショールーム

火曜日を除く毎日 要受付 所要時間:約60分
本格的に家づくりをお考えになる前の疑問や不安を解消します!
お家づくりに成功する5つのステップをご参照ください!

■お問い合わせ・ご予約は、お電話(029-292-0051か下記のフォームから

お申込みはお気軽に! 下記のフォーム、または、お客さま専用ダイヤルにて!

■今月の『セルフメイク・ワークショップ(木工教室)feat. Mr.Kobashi at "BACK YARD"』は、おやすみです。

0292920051

ご予約・お問合せはこちらから

ブログも絶賛更新中!

代表ブログ「Rough&Laugh」(ラフ&ラフ)

代表ブログ 「Rough&Laugh」(ラフ&ラフ)

THE YELLOW TIMES (メンバーブログ、イベント開催情報、アーカイブ)

THE YELLOW TIMES (メンバーブログ、イベント開催情報、アーカイブ)

ページトップへ戻る