玄関周りの作り シューズクロークからの動線

 

 

 

リビング入口のドアは、オリジナルで製作しています。新品ですが、アンティーク調に仕上げました!

ターコイズブルー、コバルトブルーの色合いで悩みましたが、結果は発色がいいコバルトブルーよりに。

アンティークのステンドグラスも手伝って、個性的でとてもステキなドアに仕上がっています。

 

そして、その隣にはニッチです。Rニッチは、それだけでも空間にアクセントをもたらします。

ここには、白い花の一輪ざしや、単色の置物が似合いそうです!

青い花の一輪ざしもいいかも!

 

 

そのブルーのドアのすぐ右側は、たっぷりめの収納。可動だなが2面に付けられているので、整理しやすいはずです。

さらに手前のドアを開けると、奥にすけて見えるのはキッチン。

来客との動線を分けます。それにしても、タイルの配色も大胆ですが、それは後日、、笑

 

玄関ホールの右側は、シューズクロークです。

写真では分からないものの、シューズの棚は横幅が1メートル65センチ。高さは2メートル40センチ。テッペンから足下まで可動できるので、靴の収納力も抜群!なんとも贅沢な構成です。

ちなみに、引戸を開けると、パントリーがあります。写真に見えているのは、パントリー内に作った奥さまの専用カウンターです!

 

ここは、シューズクロークから玄関ホールに向いた位置です。鏡が2枚取り付けられています。

ところで、赤い板状の壁。なんだか分かりますか?

ここは、フックをかけて、帽子や色々なものをかけられます。そこは、アイデア次第!

 

 

ブルードアの左がわには、大きな洗面室があります。モザイクタイルが美しいので、ぜひ実物をご覧になってください。照明器具も、なかなか大胆です!

使い勝手にもこだわった、ビッグサイズの洗面台ができました。

 

洗面室の脇には、脱衣室もつながっていて、ここにもたくさんの棚を取り付けています。

お風呂を出たら、バスタオル、下着をとりだしたいですからね!

 

ぜひ、実物を!

今週末もオープンハウスです。