木の質感と匠の技。こだわりの現場と、こだわらない生活。

今朝は、朝から現場に行かなければならないので、先日決めたルーティーン通りには動けません。

ジムはおやすみ…それはそれで、しょうがない。ここはこだわってもしょうがないですものね、割り切りも必要!

 

昨日は千波湖を走ったし、よしとしましょう。

暑さの中、千波湖でランニング

あまりの暑さと息苦しくもあり、実は半分ほど歩いてしまいました。無理も禁物。それもよしとしましょう。笑

こだわらない、こだわらない。笑

 

先日は、つくばのMさま邸に立ち寄りました。棟梁のAさんは、コンサバトリーの出来栄えを確認しているとことでした。

木造のコンサバトリー,出来栄えを確認

「本当にいい感じにできたよなぁ」と僕。

「ありがとうございます。苦労しました。」笑

 

天井も予想通り、いい感じに仕上がっています。

本物の木の質感と、匠の技をしっかりと表現できました。写真では分からないでしょうけど、木の香りもいい感じです。

M様のご厚意で、オープンハウスを開催します。ぜひ、ご体感くださいね。

コンサバトリー天井

水戸市で基礎工事が始まったFさま邸も、コンサバトリーを同じように仕上げていくので、おさらいできてありがたい。

棟梁衆と相談しながら、またしっかりこだわっていきたいと思います!

 

僕の目的は別にありました。

外で、こんな打合せをしました。

バルコニーの柱

何をしているのかと言うと、、

 

これは、バルコニー手すりの柱。鉄骨で作りました。

鉄骨製のバルコニーの柱

形状や、取り付けるプレートの部分が、予定していた下地に当たるかどうか、しっかり確認をしました。図面では信じきれないところがあって、現物ができたと言うので、工場に立ち寄り一本持ってきてみたのです。

結果、取り付けビスの位置が正しくありませんでした。

現場で確認してよかった、よかった。

 

つくば市のMさま邸では、バルコニーの手すりと背高の目隠しを兼ねるために、すべてオリジナルで制作します。この鉄骨の柱に木の板を取り付けていくのです。

 

ここはとことんこだわる。必ず苦労は実ります、仕上がりが楽しみです!

 

明日の火曜日は、本来OFF。ですが、盆休み前で発注作業や、休み明けの対応をするために、バタバタです。

少しノンビリ構えてやるしかありません。。