美しい夕暮れ時。オープンハウス予定の現場を確認

ご自分の好きな時間帯って、あると思います。

僕の場合は、早朝と夕暮れ時。

 

そんなころ合いに、『B.I.I.D_2nd』の現場に行きました。

夕立があるかもしれない予報でしたが、最近の天気はホントに気まぐれです。

日差しが差し込む、雰囲気の良い夕暮れとなりました。

 

ただしちょっと動くだけでも、汗だく。気温を見るとまだ32度!

それでも負けずに、現場の整理やオープンハウスの看板を設置しました。

 

夕暮れに照らされた建物は、とてもいい感じです。

レッドシダーの押縁下見張りと鉄骨製の手すりの組み合わせ。

 

建築屋的には、とてもノスタルジック!

夕暮れのB.I.I.D 板張りと鉄骨製手すり

 

ヨーロッパ調に仕上げるときは、南京下見張りと言って、本来は両サイドの木をなくすんですが、そこは漆喰との取り合いの兼ね合いもあるので、日本的に処理。雨仕舞いに強い利点があります。

外部の防水性を確認

下地の段階で、確認を繰り返しました。棟梁のSさんと収まりを協議しながら作り上げました。

 

外壁の多くはガルスパンで、いかにも現代的なしつらいですが、玄関のポーチ柱には鉄骨製の丸柱を採用。

ガルスパンとポーチの鉄骨丸柱

(グレーになっていますが、まだ仕上げていません)

 

ここには、とりあえず仮柱を入れて、収まりを幾度となく、検討、打ち合わせしてきたところです。

鉄骨製丸柱の収まり検討

 

うまくいきました。

ちょうど目線のところをひとひねりする所なんて、イエローチェアハウス らしいでしょう?

 

 

得意の漆喰が今回は、アクセントとなりました。

夕日に照らされて、絵画的な淡いオレンジ色になっていました。(この写真ではよくわからないですね…)

漆喰のアクセント外壁

 

リビングのはきだしは、軒下の奥行きが1間(1㍍80㌢くらい)もあり、便利に大活躍してくれそう。

しかも、2枚のガラスが壁に押し込めることができるので、開放的な暮らしを楽しめます。まさにインテリア⇄エクステリアの観点です。

1間ある軒下

 

外部を軽く清掃して、看板設置。

9/28(土)、29(日)にK様のご厚意で開催するオープンハウスの予告看板です。

「あれ!?」

オープンハウス予告看板

「あ、(マグネットの)オープンハウスのタイトル忘れた…。」笑

それにしてもイエローチェアハウス の工事看板も、すすけてしまって、シャビーとも言えない感じですね。作りなおさなきゃ。

 

あたりが暗くなってきたところで、わが家に帰りました。