断熱材(床)と気密施工 ひたちなか市新築事例

床の断熱と気密

イエローチェアハウス が標準的に使用している床下の断熱材は、JSPミラネクストラムダ50ミリです。

関東だけでなく東北にも対応できる素材と厚さ。十分な性能を発揮してくれます。

もちろん床だけの話しではありませんが、家全体の性能はUA値で0.6前後になります。

ですので、暖かな家、と言えるかと思います。

それに太陽光等を搭載すると、ZEH相当の家。

 

でももっと大切なのは、理論上の数字ではなく、現場の施工だと思っています。

意味がなくなる断熱欠損

例えば、性能の高い断熱材を選択したとしても、スキマだらけであればその性能は発揮できません。

木と木の間に丹念に断熱材を入れていきます。

細いスペースも、サイズに合わせて切って入れていきます。

しっかりピンをかけて、落下しないようにしています。

そしてこの上にステ張り(床材の下に引く下地材)を引いていきます。

柱の足元も、ピッタリと板が張られていることが分かると思います。

外壁側も、壁の中にのみこむように貼ってありますから、気密性が高くなることを想像いただけると思います。

最後に細かなスキマは、発泡ウレタンのスプレーで処理していきます。

いかにスキマなく、充填しそれでも空いてしまうスキマをしっかりフォローできるか。

断熱欠損対策は、これにつきるわけです。

現場はとても大切。

イエローチェアハウス が同じ仲間たちでの施工にこだわる理由にもなっています。

現場見学会をときおり開催しております。

ぜひ、ご自身の目でご確認ください。