茨城で注文住宅を建てる|ガレージハウスの費用と間取り

車が生活に欠かせない茨城では、新築するなら住居とガレージが一体となったガレージハウス(ビルトインガレージ)も魅力です。そこで今回は茨城で注文住宅を建てたい方に、ガレージハウスの費用や間取り、具体的な検討のポイントなどを紹介します。

 

注文住宅でガレージハウスを建てる場合の費用相場

車社会の茨城で家を新築する際、注文住宅であれば駐車スペースも検討されていることと思います。その際に選択肢となるのがガレージを住宅に組み込んだ住宅、ガレージハウスです。ビルトインガレージとも言います。

ガレージハウスは、車から雨風にさらされずに乗り降りもできますし、ガレージスペースを多目的に使えるので大変便利です。

注文住宅でガレージハウスを建てる場合、立地によって様々なタイプがあります。

比較的敷地に余裕がある郊外では、ガレージハウスは平屋や2階建の住宅と隣接するタイプが多くなります。一方、街中では1階がガレージと玄関、上層階がリビングなどの居住スペースになるといった縦に空間を有効活用するタイプが多くなります。

ガレージの広さは、車1台分で間口3~3.5m程度、奥行5.5m程度です。1台分であれば5坪、2台で10坪程度を確保すれば可能です。

注文住宅でガレージハウスを新築する場合、坪単価が約60万~80万円程度ですので、相場としては1台分のガレージ(5坪)で300~400万円程度が目安となります。

 

注文住宅で建てるガレージハウスの間取り

注文住宅のガレージハウスの間取りを考える場合、特に平屋であれば土地の広さと家の形が大きく影響します。例えば、レイアウトをコの字型やL字型にするとガレージがつくりやすく、外観もおしゃれに見えます。愛車を眺めて暮らしたいという憧れを持つ方も多く、ガラス張りにしたいという要望をいただくこともあります。

注文住宅で建てるガレージハウスは、奥様にも好評なのが、ガレージから玄関やキッチンにつながる屋根があるスペースです。雨や雪の中でも車の乗り降りがしやすく、買い物をした荷物を一時保管するストックヤードとしても使えます。

足腰が不自由になってきた年配の方などは2階建だと階段の上り下りが難しかったり、ご家族に介護が必要な方がいらっしゃる場合は、平屋のほうがバリアフリーの動線が設計しやすいので、ご家族にとっても家事や介護の負担を軽減することができます。

平屋のガレージハウスは、生活がしやすいだけでなく、趣味を楽しむにも最適です。

・愛車を鑑賞できるようにガラス張りにしたい
・車やバイクの出入りがしやすいように間口を広くしたい
・雨の日でも趣味を楽しむスペースにしたい
・アウトドアから帰ってきたらお風呂に直行できる間取りにしたい、等

ガレージハウスは、居住空間でも、駐車場でもない、遊びのある空間であるともいえます。郊外に平屋を新築されたい方は、ガレージのある暮らしも選択肢の1つであるといえるでしょう。

ガレージハウスのメリットとデメリット

では、ガレージハウスならではのメリット・デメリットを整理してみましょう。

メリット①費用

・駐車場代がいらない
・固定資産税の軽減措置がある(住宅の延べ床面積の1/5以内の場合)

メリット②安全性

・車やバイクの盗難やイタズラがされにくい
・車が雨雪・猛暑などの自然環境にさらされない

メリット③利便性

・車の乗降時に風雨をしのげる
・平屋の場合キッチンやリビングが1階なので荷物の出し入れも楽
・バリアフリーにしやすいので末永く住みやすく介護などの負担も軽くなる

メリット⑤その他

また、その他のメリットとしては、
・作業場として使えるので天候に左右されず木工などの趣味に没頭できる
・収納やバーベキューなど多目的スペースとしても活用できる
・屋根がある土間は家庭菜園で収穫した土つき野菜を保管しやすいので便利

といったご意見もあります。特に、雨風に濡れず思い荷物などを持ち運びできるのは大変便利ですし、意外と屋根がある家の中でもない外でもない空間は重宝するようです。

ガレージハウスの注意点

一方で、ガレージハウスを建てるには以下のような点に留意して検討する必要があります。
・敷地面積を広めに確保する必要がある
・建築コストが割高になる
・近所への騒音や排気ガスなど配慮と対策が必要
・ガレージスペースの設備(照明、排気システム、防犯カメラなど)の設置の検討が必要
・ガレージ部分と居住スペースのバランスは将来性を踏まえて検討すること

このように一般住宅よりも設備、間取りなどが必要になるため、設計段階でじっくり検討する必要があります。もしガレージ部分と少し段差を付けた空間が必要なのであれば、ガレージの上部をスキップフロアにして1.5階をつくったり、ロフトのようなスペースを確保して空間を有効活用するのも一案です。

平屋のガレージハウスは2~3階建てほどの強度補強は必要ありませんが、ガレージ部分は間口が広いため強度の高い躯体と排気ガス、防音対策も含めて十分検討が必要です。

 

ガレージハウスを建てるための3つのポイント

茨城でガレージハウスを建てるには、以下のようなポイントを検討しておく必要があるでしょう。

車の出し入れのしやすさ

車の出し入れのしやすさは安全性に関わりますので慎重に検討しましょう。隣接する道幅や交通量、敷地の間口の広さや形、隣家との関係などで、車の出し入れがしやすいレイアウトは何パターンかに絞り込まれます。車の車種やサイズにもよりますが、将来を見せて、長く生活の足としても、車の運転が楽しめるように、車を出し入れしやすいレイアウトにすることはとても重要です。

将来を見据えてガレージスペースを確保する

車の通勤も多い茨城では、家族構成の変化で、今後必要となる車の台数も変わってきます。将来的にバリアフリー化をする必要がある場合、車椅子でも出入りがしやすいだけの余裕をもったスペースを確保するなど、ライフスタイルの変化も想定しておくとよいでしょう。車やバイクの並べ方も含めドアの開閉がスムーズにできるように余裕を持ったレイアウトを確保しておきましょう。

 

多目的利用を想定する

ガレージハウスは趣味の世界とも思われがちですが、子供にとっては遊び場になり、奥様にとっては、買い物や家事の利便性、ストックヤードなどの収納スペース、アウトドアの汚れ物などを手軽に洗えるシンクを設置することもできますので、家事の負担を軽くすることもできます。家族で楽しむバーベキューもできるスペースになれば、家族が快適に楽しく暮らせるかけがえない空間にもなります。平屋であればバリアフリーにもしやすいので、こうしたガレージハウスの多目的利用のプランがあれば、ご家族も納得しやすいのではないでしょうか?

 

まとめ

茨城に注文住宅でガレージハウスを建てるなら、平屋でガレージスペースや居住空間にも余裕のある、快適な暮らしを実現することができます。

平屋のガレージハウスは、生活動線がコンパクトに設計しやすく、雨風にさらされず車の乗り降りができ、キッチンにもスムーズに荷物が運べるなどのメリットがあります。平屋であれば、車から玄関リビングまで階段を上り下りすることなくバリアフリーの暮らしも実現可能ですので、車社会の茨城では長く暮らしやすい注文住宅の家づくりの選択肢になります。土地や予算などの制約上、平屋が難しい場合は、できるだけ平屋の佇まいを残しながら1.5階や2階建てのデザインをすることも可能です。

茨城でガレージハウスを建てるなら、自治体への諸手続きに慣れている地元に土地勘のある工務店に相談しながら理想の家づくりを考えていくとよいでしょう。

茨城でガレージハウスを建てるならイエローチェア・ハウスにご相談ください

イギリス郊外や海外の田舎で豊かに暮らす人々のように、素朴で愛らしく、家族と永く楽しく暮らしたい。そんな家づくりをお手伝いするために、イエローチェア・ハウスは、海外の優れた建築思想と日本建築の良さを融合した注文住宅の家づくりをしています。

新築でありながら嫌な匂いがしない化学物質を極力使わない家づくり。まるで何十年も経ったかのような風合いのある自然素材や日本の木をふんだんに使い、性能や機能性も重視した快適で住む人にも環境にも優しい家づくりに取り組んでいます。

自然素材の魅力と機能性を最大限に引き出すのは職人さんの高い技術です。確かな技術でデザイン性の高い繊細なディテールを実現する弊社の大工さんたちこそ、私たちの誇りでもあります。こうしたデザイン性と機能性を兼ね備えた家づくりは、長期優良住宅相当を最低基準にしていますので十分な耐震性も兼ね備えており、茨城県の省エネ基準よりもワンランク上の性能を最低標準仕様として、光熱費もかからないお財布にもやさしい機能性の高い家づくりを実現しています。

みなさんが「家をつくろう」と思い立ったとき、間取りや収納を工夫したり、デザインをイメージしたり、予算のことを考えたり、いろいろ悩むことも多いことでしょう。そんなとき、自分たちは「どんな暮らし方をしたいのか?」という問いかけがとても重要です。

私たちの家づくりへのこだわりは、そこに住まい、暮らしの場を創られるご家族が健康で気持ち良く住めること、永年愛着を持って暮らしを楽しめること。

もしあなたが、これから自分たちの理想の「家づくりを考えたい」と思ったら、まずイエローチェア・ハウスのおうちづくり無料ガイダンスに参加してみてください。ご参加いただいた方にはあなたの理想の家を「無料」でデザインしますので、ぜひお気軽にご相談ください。デザインは他社で使ってもらってもかまいません。まずは、家づくりの楽しさを体験していただきたいのです!

あなたの理想の家を無料でデザインします
イエローチェア・ハウスのおうちづくり無料ガイダンスのお申し込みはこちらからどうぞ。

イエローチェア・ハウスの施工実績

あたたかさ+ONEの家

 

 

著者情報

阿部 よしあき
阿部 よしあきイエローチェア・ハウス代表
私たちの家づくりへのこだわりは、すべてはそこに住まい、暮らしの場を作られるご家族のためにあります。
ぜひ、一緒に工夫しながら家づくりを楽しみましょう!